FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

護持会の研修旅行
今日から一泊二日で、曹洞宗の「第3教区護持会」の研修旅行に出かける。
茨城県の県北にある曹洞宗のお寺で「第3教区」というのが構成されているらしい・・・
その各寺の僧侶と檀家さんの“研修旅行”だそうで・・・拙者は初参加・・・
だいたい、曹洞宗ってどんな宗教なのかも知らない・・・
それで、「私は檀家です」なんて言っていいものやら・・・そんな不謹慎な檀家が参加していいのか?・・・という気もするが・・・(大笑)
しかも“研修”って何をやるのかも知らない・・・
それぞれお寺の檀家さんが参加するので、我が寺から誰も行かないというのでは格好がつくまいと思い、参加することにしただけなのである。
だから、何の旅行かも知らないのだが、話によると「ただの旅行」らしい・・・ということは“慰安旅行”のようなものか?(大笑)

なにせ、出発時間が早い・・・
午前6時には集合場所でバスに乗らねばならぬ・・・
ということで・・・午前4時起床!(汗)
昨晩の“弟らしき男”からの電話のおかげで、ほとんど寝ていない・・・(涙)

午前4時では親父は起き出してこないだろうと思ったら・・・起き出して来た・・・
寝坊癖のある息子が心配で、拙者を起こそうと思い起き出したそうである。(大笑)
いやぁ~申し訳ないねぇ~何歳になっても親に心配かけて・・・(大笑)

昨晩の・・・というか、数時間前の「オレオレ詐欺」らしき電話のことを伝える。
さすがに親父も呆然・・・
「おい、電話があったらどうすればいいんだ?」
詳細は手紙に書いておいたから読むように・・・(笑)
で・・・お昼に、旅先から電話をするから・・・と伝える。

どうせ一泊二日の“留守”なので、ヘルパーさんは頼んでいない・・・
ん?・・・親父を不安がらせてしまったか?
もしかして、拙者は親不孝なことをしてしまったのかな?(笑)
しかし、この“事件”のことは事前に教えておかないといけないしなぁ~
よりによって拙者が留守になる時に・・・とは、何ともタイミングが悪い・・・

不安な表情の親父を一人置き去りにして・・・家を飛び出す・・・(大笑)
まぁ、今日からの二日間は緊張感を持って生活していただきましょう!
半分ボケているとはいえ、そういう緊張感は必要でしょ?(笑)

今回のバス旅行・・・行き先は山梨県・・・
参加者は総勢約60名・・・バス2台に分乗する。
教区を南北に分け、南が1号車、北は2号車・・・
拙者は南に住んでいるので1号車に乗る。
で・・・母の菩提寺は北にあるので、うちのお寺の住職と檀家さんは2号車に乗っている。
高速道路のパーキングエリアでトイレ休憩がてら合流し、この時に拙者は2号車に乗り移る。
が・・・拙者は自分のお寺の檀家さんが誰なのか知らない・・・(笑)
住職の顔しか知らないのである。
つまりは、知っている人が誰もいないというバス旅行に一人で参加したわけである。(大笑)
名簿によれば、拙者を含めて檀家は男性3名、女性2名の合計5名が参加しているはずなのだが・・・(笑)

2号車に乗り移ったら、高校時代の同級生に出会った。
彼は拙者の親父の実家の菩提寺の息子・・・(笑)
高校の同級生だが、思い出はない・・・
あまり“仲が良くなかった同級生”ということしか憶えていない・・・(大笑)
何度か祖父の実家での法事で読経をしてくれたことがあったことしか憶えていない。
20数年ぶりの再会である。(笑)
「九分九厘間違いないと思うけど・・・同級生だよね?」と彼・・・
「おい、おい、この顔を忘れるとはねぇ~(笑)」
「たしか、法事で何度か会ったことがあったよね?」と彼・・・
おお、憶えてたのか・・・
法事後、同級生のよしみで挨拶してもツンとしていたから憶えていないのかと思っていたけど・・・(笑)
「何で、ここにいるの?」と彼・・・
「お袋の菩提寺の檀家として参加したんだよね」
「あ~お袋さんの方の・・・」
ん?言外に“何で俺の寺の檀家にならなかったんだ?”と言われているような・・・と考えるのは、ちょっとうがった見方か?(笑)
全く知らない人ばかり・・・と思ったら、意外にも知った人がいるものである。
他にもう一人、我が町の元市議会議長さんも他のお寺の護持会の役員ということで参加されていた・・・(笑)
旧知の方なのでご挨拶する・・・

高速道路を突っ走り・・・(笑)
山梨県に入って最初に向かったのは、『昇仙峡』・・・・
名前は聞いた覚えはあるが、見たことはない・・(笑)

007_convert_20130702120943.jpg 006_convert_20130702121032.jpg

観光協会の看板が設置されていて・・・
それによれば、読売新聞の読者投票で「平成の百景」の全国第2位に選ばれたそうだ・・・
拙者は読売新聞を購読していないので全然知らなかったが・・・(笑)
へぇ~ここがねぇ~・・・・全国第2位?
全国第1位はどこなんだろう?(笑)
ここで、バスごとに記念写真を撮影する。

時刻は11時半・・・・

到着早々・・昼食である!(笑)
朝4時に朝食を食べたきりなので、さすがに腹が減って辛かった・・・(大笑)
『昇仙峡』なんてどうでもいい・・・“花より団子”である・・・・(大笑)

008_convert_20130702122046.jpg 009_convert_20130702122131.jpg

鍋は・・・山梨の郷土料理の“ほうとう”・・・
随分昔に一度だけ食べたことがあるような微かな記憶があるのみ・・・・(笑)

急いで食事を済ませ、レストランの外に出る。
幸いにも携帯の電波が届く!
早速、親父に電話・・・
親父の話によると、午前10時に“弟を名乗る男”から電話がかかってきたという。
が・・・ボソボソ話すので何を言っているのかわからなかったそうで・・・
「何を言ってるのかわからねぇ!お前は誰だ!」と怒鳴ってしまったそうで・・・(大笑)
それに動揺したのか、この“弟と名乗る男”、さらにボソボソ・・・・
結局は何を言っていたのか、とうとうわからぬまま、電話が切れたのだそうだ。(大笑)
「で?警察からは電話があったか?」と尋ねたら、警察からは無いと言う・・・
「カネの話は出たか?」と尋ねたが、何を言っているのか聞こえなかったのでわからないという。(笑)
耳が遠いというのも、こういう時は便利である。(大笑)
が・・・
親父がやたらと心配し始めた・・・
「もしかしてかなり体調が悪いんじゃあるまいか?」
「話し方がおかしかったから、もしかしてノイローゼか何かで頭がおかしくなっているのではないだろうか?」
・・・と言うのである。
う~ん・・・確かに仕事のストレスで頭がおかしくなってしまったという可能性も否定できないよなぁ~(笑)
カネの話を持ち出してくれれば、詐欺だと言えるのだが・・・
それを持ち出さないって、どういうことだろう・・・
10時以降、電話はかかってきていないと言う。
ならば、そのまま放置・・・
また電話があったら、拙者の作ったマニュアル通りにやってもらい、あとは帰宅後に拙者が対処することを伝えて電話を切る。
あ~あ~本当に迷惑な話だ・・・



大きな地図で見る
スポンサーサイト





旅行 | 10:22:14 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する