FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

昭和史発掘 6
『昭和史発掘 6』

著者:松本清張
文春文庫
1978年9月25日 第1刷
定価:340円

  京都大学の墓碑銘

  天皇機関説

  陸軍士官学校事件



学問や思想についての統制が強まり、戦争への道へ進んでいく・・・という「昭和史」の部分を取上げている。
が・・・
京都大学の事件、美濃部達吉の天皇機関説への攻撃・・・この手の話は私には全然興味のないものなので、残念ながら、さっぱり面白くなかった。
陸軍士官学校の事件は、この後に起こる2・26事件へ繋がるので取上げたのだろう。
いわば青年将校たちの“暴発”の出発点といえるかもしれない。
この事件は「11月事件」とも呼ばれるが、あまり有名な事件ではない。
これは辻政信によってでっち上げられた、青年将校(候補生)たちによるクーデター事件・・・
昭和9年に起こった事件であるが、(2・26事件は昭和11年)一般に表沙汰にならなかったせいかもしれない。
この事件に斬り込んだこの『陸軍士官学校事件』だけが読み甲斐があったが・・・私にとっては、他の2作品は、読むだけ時間の無駄だった。(笑)
まぁ、2~3回読めば感想が変わるかもしれないが・・・
1回だけ読んだくらいでは面白くもなんともない・・・
第6巻も第5巻に引き続き「ガッカリ本」だった。


今年の読書:23冊目

スポンサーサイト





読書 | 22:32:21 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する