FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

常識がない?
昼食は、レストランでバイキング・・・
まぁ、拙者は食事の内容なんて何でもいいのだが・・・
世の中には、そうじゃない人もいるらしい。

この間の、台湾への歴史探訪の旅・・・
“保守派の女性”たちのグループが参加したが、旅行後に旅行社の社長に直接メールで抗議をしてきたらしい。
いろいろと“ご不満”な点があったようだが・・・
その抗議の一つに、呆れた事に「旅行中の食事にフカヒレのスープが出なかった」ということが含まれていたそうである。(唖然!)
『フカヒレを楽しもう』というグルメツアーだったならわかるが、このツアーは『歴史探訪』のツアーだったのである。
ツアー名にも、そう明記してあるのだが・・・
食事の内容にケチをつけるとはねぇ~
ツアーの目的が全然分かっていない・・・
さすがは保守派のオバタリアンである。(大笑)
常識がない・・・・(大笑)

残念ながら”保守派の女性”だけが常識がないだけではなく、男性にも常識のない者がいる。
この昼食時、拙者は飲み物としてジュースを注文したところ、拙者の目の前に座る参加者から面と向かって非難された。
「食事の時にジュースを飲むんですか!いやぁ~信じられねぇなぁ~非常識だね!常識がないよな!」と言い放ったのである。
冗談で言うなら笑えるが、真顔で言われたんじゃ腹が立つ。
が・・・今日は旅行の実質初日でもあるし・・・
相手は拙者より一回りも年長であるから、“反撃”は遠慮したが・・・
ムカムカ腹が立って食欲なぞは一気に失せてしまった。
「非常識とは何だ!誰に向かって言ったかわかっているのか?」と・・・
店の外に連れ出して脅してやってもいいのいだが・・・(笑)
いや、いや、マズイだろう・・・それこそ“非常識”になってしまう。
我慢、我慢・・・同じ旅費を払っていながら不愉快な思いをさせられて我慢しなければならぬとは納得できないが・・・(大笑)
拙者から言わせてもらえるならば、昼間からビールを飲むなぞは「非常識」なのだが、だからといってビールを飲む人を非難はしない。
酔って他人に迷惑をかけないのなら、別に構わない。
拙者が昼食時にビールを飲まずジュースを飲むと誰かに迷惑をかけることになるのかね?

こうなると、“保守派のオバタリアン”も“保守派のオジン”も同じレベルということになるが・・・
“保守派”だからというより「団塊の世代」だから常識がないのではないかという気がしてならない。(大笑)
初対面でありながら“上から目線”での物の言い方には腹が立つ・・・

078_convert_20130520093321.jpg

頼んだジュースに手をつけないので、他の参加者から声がかかった。(笑)
「飲まないんですか?折角頼んだのに・・・もったいないでしょう」
「そうなんですけどね、何だか急に飲む気が無くなりましてね」
「え~・・・それ高いのに・・・もったいないなぁ~」
「そう、もったいないんですけどねぇ~でもねぇ~飲む気がなくなっちゃったんで、仕方がないんですよね。カネを捨てることになっちゃいますけど・・・仕方ないですね」(笑)
「・・・・」

目の前に座っている暴言を吐いた保守派の某氏に嫌味を言う。(大笑)
今度また暴言を吐いたらタダじゃおかねぇぞ・・・である。(大笑)
団体旅行には、いろいろな人が参加してくるわけだから、極力相手に不快感を与えないように気を使うのは常識というものではなかろうか?
できるだけ楽しく旅が出来る様にお互いに心がけるのが団体旅行ではあるまいかと拙者は思うのである。(笑)
一期一会・・・意味がわかってるのかな?・・・このオッサンは・・・(大笑)

食後は、『セントラル・マーケット』の見学・・・・

079_convert_20130520095104.jpg

移動途中で見かけたビル・・・バスの中から撮影・・・
このビル・・・オンボロである。
なにせコンクリートがあっちもこっちも剥がれ落ちている。
危ねぇんじゃないかぁ~・・・これ・・・
写真を撮って帰国したら“ウメちゃん”に見せてやろう・・・と、パチリ!(大笑)

080_convert_20130520110933.jpg 081_convert_20130520111017.jpg
(セントラル・マーケット)


より大きな地図で プノンペン・セントラル・マーケット を表示


このマーケットの内部が凄い・・・
ドームの中心にあるお店の殆どが宝石関係、アクセサリーとかのお店・・・
ここから放射線状にお店が延びていて、そこは衣服関係ばかり。

082_convert_20130520111056.jpg

ここで参加者最高齢の“ミヤガワおばあちゃん”がベルトを買いたいと言う。
今回の旅行に日本からベルトを持ってくるのを忘れたとか・・・
80歳の高齢者なので(笑)迷子になるといけないから添乗員さんが同行するはずだったが、“ミヤガワさん”は宝石売り場から動かない。(大笑)
「これいいわねぇ~、あら、これもいいわねぇ~」と延々・・・
結局、添乗員さんから「鈴木さん、お願いしてもいいですか?」と頼まれ、拙者がボディガード役を務めることになる。(大笑)

ここでの自由行動時間は30分程度しか与えられていない。
ベルトを買いたいのなら、さっさとそちらを探しに行かねば・・・と、無理矢理、宝石売り場から引き離し・・・(笑)、革製品のお店を探す。
革製品のお店は、このマーケットの外側に張り付くように並んでいた。
う~ん・・・東京の「アメ横」状態である。
いくつかの店を覗き、ようやく1軒、よさそうな店を見つけて交渉に入る。
「いくらに値切ったらいいかしら?」と言うので「半額から交渉してみたら?」と無責任な回答をする。(大笑)
当然、半額なんて問題外だと言われる。(そりゃそうだろうねぇ~)
このお店の“お父さん”と“息子さん”の二人を相手に“ミヤガワさん”は一人で交渉・・・(笑)
その間、拙者は、少し離れて彼女の鞄がスリに遭わないように監視・・・(笑)
と・・・
店員の青年が英語で話しかけてきた。
が・・・何を言っているのかがわからない。
何度聞き返してもわからない・・・(汗)

ようやく彼がオランダについての話をしていることがわかるまでにかなり時間がかかった。(大笑)
しかし、いきなりオランダの話とは・・・一体どういうことか・・・
拙者は日本人である・・・オランダ人ではない・・・(大笑)
日本人観光客相手の話題が、いきなりオランダの話って・・・どういうことよ?
「オランダが好きなのか?」
「え?オランダ?別に好きじゃないんだけど・・・」
「じゃぁ、なんでオランダなんだ?」
「オランダの首都って、どこだか知ってる?」
「アムステルダムでしょ?」
「だけど、本当はハーグなんだって知ってる?」
「そうだっけ?」
「勉強したんだ」
「オランダを?何で?オランダに行くのか?」
「いや、別に・・・」
はぁ?こいつ何を言っているんだ?(大笑)
訳がわからん会話である。

が・・・彼は拙者と英語で話が出来たことに満足そうな顔をしている。(大笑)
「俺は日本人と英語でオランダについて語り合ったんだぞぉ~すごいだろぉ~」というところなんだろう。
ニコニコ嬉しそうな顔をしている。(大笑)

その間、電卓をお互いに叩きながら交渉をしていた“ミナガワさん”は交渉が成立したらしい。(笑)
無事にお目当てのベルトを購入!
それじゃ、記念にと“ミナガワさん”のカメラでお店のご主人と息子さんとのスリーショットを撮影してあげる。(笑)
と・・・お店の主人が拙者にプレゼントをくれた・・・(笑)
キーホルダー!
はぁ?拙者は何も買ってないんですけど・・・(大笑)
なんと人のいい“お父さん”か・・・
拙者のカメラでも写真を撮っておくべきだったな・・・失敗した・・・

さて、もうそろそろ集合時間である。
同じコースで戻るのも面白くないので、別のルートでグルリとマーケットの周辺を回りながら帰ろうと思ったら・・・
やっちゃった・・・迷子・・・(大笑)
臨時ガイド兼ボディーガードの拙者は筋金入りの「方向音痴」なのである!(大笑)

083_convert_20130520114819.jpg

迷子になったとは言え、花屋の写真を撮影する余裕はあるのだから不思議である。(大笑)

と・・・想像していた場所とは違う場所に出て・・・周囲を見渡したら・・・
遠くの方に早々と集合している我がツアー客が見えた!
おお!あそこにいる!(大笑)

無事にランデブーに成功・・・
スポンサーサイト





旅行 | 12:58:09 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する