FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

台湾歴史探訪の旅(5)
2日目・・・

朝食を食べていたら、“ヨコヤマさん”が台南駅を見に行って来たと言う。
“コウノさん”も見てきたと言う・・・
あらあら・・・皆さん、早起きして・・・さすがは行動が早い。(笑)
(敢えて、年寄りだから・・・なんていうことは言わないですよ)(大笑)

朝食後、出発まで時間があるので、早速、一人で台南駅を見に行く事にする。
時刻は午前7時半・・・・

061_convert_20130318174803.jpg 062_convert_20130318174858.jpg
(在来線・台南駅)

在来線の「台南駅」は、レトロな建物である。
こういうの・・・好きなんだよなぁ~(笑)
日本統治時代の明治33年(1900年)に台湾総督府がここに駅を設置したらしい。
当時は、どういう駅舎だったのかは知らないが・・・
昭和7年(1932年)から4年もの歳月をかけて改築したのが、今の駅舎のようである。
ルネサンス様式の建物である。
左右対称を重視し、円柱やアーチ、壁には絵画や模様を施すのが特徴・・・だったかな?(笑)
「コロニアル風」という表現もある。
“コロニアル”は、「植民地」という意味のスペイン語が語源だそうで・・・
スペイン統治時代の白くてベランダが付いている建物を「コロニアル様式」などと呼んだりしている。
中央に玄関があって、窓は大きく左右対称、柱は円柱・・・だったかな?(笑)
ん?
そうなると、まさしく白亜の駅舎だから・・・これは「コロニアル」?
ルネサンスとコロニアルが混じったもの?
いや、もしかして、これは「ネオ・ルネサンス式」と呼ぶべきか?
どれが正しいんだろ?
実際にここに来て見てみなければ、建築士の“ウメちゃん”も“シミズくん”もわかるまい!(大笑)
プロの彼らが、こういうところを見ずに、素人の拙者がこういう素晴らしい建物を見に来るというのはいかがなものか・・・
日本の建築士は「お勉強」が足りないのではないか?(笑)
だから面白くもないデザインの建物ばかり建てちゃうんだよね?(大笑)
こういう建物をなぜ建てぬ!
・・・と、ブツブツ言いながら駅に向かって歩く。(笑)

067_convert_20130318225152.jpg 079_convert_20130318225731.jpg
084_convert_20130318225855.jpg
076_convert_20130318225504.jpg 085_convert_20130318230045.jpg

なんというか・・・懐かしいというか・・・レトロな雰囲気がなんとも良い!
なんとなく、雰囲気が九州の門司港駅に似ている感じがした・・・

075_convert_20130318225318.jpg

柱の上のほうには、日本統治時代の古い写真が何枚も飾られていた・・・
国防婦人会の方々や、日本軍のどこかの部隊などの集合写真・・・
改築当時のこの駅舎と駅前のロータリーが写っている写真など・・・
これもまた良いなぁ~

ワクワクしながら駅舎の内部を散々見て回っていたので、待合席の乗客たちから奇異な目で見られてしまった。(笑)

088_convert_20130319105248.jpg

094_convert_20130319105718.jpg

駅前をグルリと回ってみる。

と・・・ロータリーのところに、銅像が・・・

100_convert_20130319105931.jpg

この銅像は、「鄭 成功(てい・せいこう)」という人の銅像である。
この人には日本人の血が流れている。
母親が日本人で、日本の平戸で生まれ幼少期を平戸で育っている。
寛永元年(1624年)のことである。
その後、中国に渡り、清に滅ぼされそうになっている明の肩を持ち抵抗運動に参加するが大敗・・・
台湾に渡り、当時、台湾を占拠していたオランダ人を駆逐して、態勢を立て直そうとしていたが、台湾で死去した。
なんか・・国共内戦に敗れ、台湾に逃れてきた蔣介石とダブるが・・・(笑)
鄭 成功は、台湾の発展の基礎を作った、民族的英雄だとされている。
台南市には、この人の息子が作った父親を祀った廟があるから、多分、駅前に銅像が立っているのだろう。

う~ん・・・是非とも近づいて写真を撮りたいものだ・・・と思ったが・・・
ロータリーに渡る横断歩道が・・・ない!(涙)
目の前には、警察署がある・・・
う~ん・・・警官の前で車道を渡っていいものか・・・(笑)
もし、逮捕されたら、アホな日本人観光客を演じれば許してもらえるかな?(大笑)

意を決して車道を渡ることにしたが・・・
これがなかなか難しい・・・(笑)
直進、左折、右折、ロータリーを1周する車・・・
信号を見ていても、どの車線の車がどう動くのかがわからないのである!
そこに来て、信号を無視(?)して突っ込んでくるバイクがいるのだから、渡るタイミングを図るのが大変!
右見て、左見て、また右見て、左見て・・・いつまで経っても恐くて渡れない!(大笑)
ようやく小走りに渡る!(笑)

111_convert_20130319133406.jpg

ここからだと、台南駅を真正面から撮影できる!(喜)

107_convert_20130319133718.jpg

ふと、足元に目をやると・・・
銅像の下に・・・ウンチ!(驚)

109_convert_20130319135217.jpg

う~ん・・・台湾の英雄の銅像の下にウンコとは・・・
犬のウンコか、人間のウンコか・・・
どうも最近、親父の介護をするようになってからウンコと縁があるような・・・(涙)
どう見ても、人間のウンコのようである。
ケシカラン奴がいるものである。
それも一人や二人じゃないぞ・・・これ・・・
中国共産党員の嫌がらせか?(大笑)

散策を終えて、ホテルに戻る。

099_convert_20130319105853.jpg(拙者が泊まったホテル)

115_convert_20130319135839.jpg

拙者の部屋から、台南駅のほうを撮影する。
あ~・・・ここから良く見えるんだ・・・と帰る時になって気がつく・・・(大笑)

時刻は8時20分・・・
出発まで、あと10分しかない・・・
急いで荷物をまとめてロビーに下りる。

室内は禁煙なので、外で一服・・・と思ったら・・・その時間がない!(笑)
みなさん、すでにバスに乗られている。
人員点呼・・・
我が班は更に2つに分かれ、“ヨコヤマさん”を班長に、“コウノさん”と拙者の3名で1班を構成することになった。
で・・・拙者は“ヨコヤマさん”を「班長殿!」と呼ぶことにしたが、そのうち「小隊長殿!」と変えた。(大笑)
「小隊長殿!人員点呼!イチ!ニ!サン!」・・・「3名揃っております!異常なし!」(笑)
3名しかいない班なので・・・人員点呼は簡単である。(大笑)
これには“コウノさん”がニヤニヤ笑う。
どうせ旅をするなら楽しく旅をしなくちゃねぇ~(大笑)
拙者は、ふざけるのが大好きなのである。(笑)


より大きな地図で 台南駅 を表示
スポンサーサイト





旅行 | 10:22:28 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する