FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

拙者は警務官?
今日は、ヘルパーさんが週に1回、入浴の介護の為に来てくれる日・・・・
拙者がフィリピンへ行って留守中には、この入浴介護の他に、毎日、食器を洗うのと、おかずを買ってもらう「生活介助」もお願いしておいた。
で・・・拙者が不在中、特に問題もなく、無事に予定をこなしてくれたようで大助かり。
お礼を言ったら・・・
「お父さんが、自分で食器を洗うからって言うので、私は何もすることがなくて困っちゃいましたよ」と笑う。

おお、いつものように、やたらと「やる気」を出しちゃったようである。(笑)

「まぁ、監視してくれるだけでも助かりますから・・・」(笑)

週に1回の入浴介護の時以外は、拙者が親父を風呂に入れているが・・・
「入れている」って言っても、ただの「監視」だけである。(笑)
シャワーを手渡し、自分で浴びてもらい、自力で湯船に入ってもらう。
親父が湯船に浸かっている間は、拙者は浴室内で腕を組んで立っているだけ・・・(大笑)
親父と世間話をして過ごす。

ふと・・・思った・・・
まるで、拙者は、刑務所の風呂に入っている年老いたスリ強盗団の親分を監視している警務官のようだなぁ~(大笑)
「もう少し入っていたいなぁ~」と親父・・・
「いや、その、もうちょっと入っていたいが命取りになる可能性があるから、はい!上って!」
「もうちょっと・・・はダメかぁ~」
「ダメ!のぼせちゃうといけないから、はい!上って!」

次回からは、親父のことを番号で呼んじゃおうかな・・・(大笑)

で・・・背中が拭けないというので、背中と足だけは拙者が拭いてやる。
その他は・・・自分で拭きなさい・・・である。(笑)

ちなみに・・・・
親父の体は洗ってあげない。
あまり石鹸で洗うと、年取っているんだから皮膚の脂分がなくなって良くないから・・・
というのが、一応、建前で・・・(笑)
本音は・・・面倒くさいだけである。(大笑)
というわけで、週に1回、ヘルパーさんに洗ってもらうことにしている。

拙者は監視するだけの「警務官」・・・(笑)
今日は週に1回の「お休み」の日である!(大喜)
スポンサーサイト





日記 | 22:22:36 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する