FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

無謀なことを・・・・
朝、親父の部屋の様子を見に行ったら・・・
あらら・・・
何故か新聞を読んでいる。(笑)
いつもは、拙者がポストから新聞を取ってくるのだが・・・

「あれ?新聞を自分で取ってきたのか?」
「おお、ついでに庭も散歩してみた!」(笑)
「なぬ?散歩?」
「おお、ちょっとな・・・庭を歩いてみた・・・」
「あのね・・・もし、転んだらどうするんだ?」
「・・・・」
「転んで立てなかったら、そのまま衰弱して凍死するぞ」
「・・・・」
「勝手に一人で散歩なんかするんじゃねぇよ!凍死したいなら話は別だけど!え?凍死したいの?」
「いやぁ~・・・もう、しないから・・・」
「おお!二度とするなよ!」

親父め・・・なんという無謀なことをしてくれるのだ。
拙者の手を煩わせたくなくて一人でやったのだろうが・・・
そこでまた怪我でもされたら、逆に迷惑である。(怒)

「つい、興奮して・・・」と言い訳を言っていたが・・・
何に興奮したのか・・・だいたい想像はつく・・・(笑)
昨日の植木の剪定である。
剪定のあとの切り落とした枝葉をどうしているのか・・・それが気になったのだろう。
切り落とした枝葉は、庭に集めて置いてある。
庭師が持ち帰るわけではない。
誰かトラックを持っている業者に頼んで処分してもらうことになる。
処分するにはカネがかかる。
ならば、庭に置いておけば、1年も経てば腐葉土になるだろう。
昨年のものは、それで結構“消滅”してくれたのである。
腐らない太い枝は、あとから纏めてゴミとして出してしまえばいい。
何も慌ててカネを払ってまで処分する必要はないと拙者は思っているのだが・・・
親父は、切り落とした枝葉が庭にあること自体が気に入らないらしい。
「どんな仕事をしやがったんだ?」と興奮して庭を歩き回ったのだろう。
親父の性格を知っているだけに、十分想像出来る。

が・・・ヨタヨタと庭を一人で歩き回られたのでは、危なくて仕方がない。

臆病な割には変なところでカ~ッと頭に血が上って冒険をしたがる・・・
困った性格である。
スポンサーサイト





日記 | 10:42:33 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する