FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

中途半端な庭木の剪定(笑)
例年、我が家の庭木の選定は庭師さんにお願いしている。
いつもは10月頃にやるのだが、昨年は何の連絡も来なかった。
どうしたのかと思ったら風邪を引いてしまい仕事が溜まっていたらしい。
昨年の暮れに連絡があったが、ちょうど親父の痴呆がひどいときだったので、庭木の剪定どころではない。
年明けということで、昨日から選定に入ってもらった。

母が生きているときから、この庭師さんにお願いしていたが、母が亡くなった後は、親父はカネがもったいないから庭木の手入れなどはしなくていいと言う。
どうもこの感覚が拙者と合わないところである。
親父は植物には全く興味が無い。
家の中に花を飾っても、邪魔だといって撤去してしまうのである。(笑)

庭木が荒れ放題というのも、みっともない・・・
とうわけで、今年もお願いしたが・・・

母が亡くなってから、どうもこの庭師さんは仕事が遅くなったような気がする。(笑)
2日間で完了する仕事が、毎年、何本かの庭木に手をかけられず、中途半端で終わってしまう。
例年は玄関前からスタートするが、今年は逆に一番奥の、いつも手がかけられない木から始めてもらう。
簡単に言うと、例年は庭の右から左に向けて剪定をするが、今年は初日は左から始めてできるところまで・・・
2日目の今日は、右から始めてできるところまで・・・としたのである。
で・・・高さが低い庭木は、後日、拙者が自分で剪定するということで、除いてもらった。
これで剪定する庭木の本数を減らしたのだから、なんとかなると思ったが、なんと・・・中心部の殆どの木に手がかけられないまま一日が終わってしまったのである。
これには唖然・・・・
3日間あれば、全部終わるかもしれないが、それではカネがかかり過ぎる・・・

その昔は、庭師さんには頼まず、母と二人で庭木の手入れをしたもんだ。
母が外から見て指示を出し、拙者が脚立に乗ってチョキチョキ切ったものである。(笑)
仕上がりはあまり上手くはないが、母とおしゃべりしながら、気分転換には最高だった・・・(大笑)

以前は、自分でも出来たのだが・・・(笑)
20年以上も経つとねぇ~・・・木も大きく育っちゃうんだよねぇ~(大笑)
高所恐怖症の拙者は、そういう高い木のてっぺんは切れない・・・・(大笑)
ということで、庭師さんに頼るしかないのだが・・・

例年とは違い、低い高さの木は拙者がやるとして、剪定する木の数を減らしたのにもかかわらず・・・
例年以上に作業が進んでいないとは、どういうことか!
今日などは、一日かかって、玄関前の木だけしか剪定が出来ていない!(唖然)
おかげで、真ん中あたりの木は、枝が伸び放題で荒れたまま・・・
全部を綺麗に剪定するなら、3日か4日は欲しいと言いたいのだろうが・・・
それを言い出されたら、間違いなく親父は庭木の剪定を止めるように言い出すだろう。
あ~あ~・・・困ったものだ・・・
2日間仕事をするか、元も子もなくなるか・・・なのだが、庭師さんは、ちょっと手抜きをし始めている様子である。

今年は、なんとも中途半端な出来で終わってしまった・・・
来年は、どうするか・・・考えねばなるまい・・・
スポンサーサイト





日記 | 16:58:58 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する