FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

逆さ門
109_convert_20120728142127.jpg

仙台市指定有形文化財(昭和61年12月20日指定)
荘厳寺山門

三間一戸の薬医門(やくいもん)で切妻造本瓦葺(きりづまづくりほんかわらぶき)の堂々たる門である。
江戸時代初期の上級武家門として数少ない遺構である。
寛文(かんぶん)事件で知られる仙台藩奉行(家老)原田甲斐宗輔(かいむねすけ)の片平町にあった屋敷門を移築したものと伝えられ、逆臣の門ということで、「逆さ門」とも呼ばれていた。
老朽化のため、平成5年と6年の2ヵ年にわたり解体修理工事を行った。
その際、柱材の上下を逆さに、左右の位置を交換して立て直した「門」であることが判明、「逆さ門」のいわれが明らかとなった。

平成10年7月 仙台市教育委員会

(説明板より)

原田甲斐邸薬医門(俗称「逆門」の由来
万治3年(1660)伊達家騒動により綱宗が隠居したが、その後甲斐一門一族の処刑がなされた。
勿論、六親九族七世に及んだ処刑によって事件に関係のない幼い子供迄も無実の罪を背負いながら死んで行った。
そして甲斐ゆかりの全てのものは完全に破壊されたが、最後に一番堅牢な薬医門が唯一つだけ残った。
巨木をはめ込みに組み立てた薬医門は取り壊しにかかったが、解体作業の人夫は不慮の事故で怪我をしたり又は夭死するものさえ出たと伝えている。
このため解体を取り止め焼却されることになったが、その晩から夜毎に子供の泣き声が聞こえて来たという。
恐らくは楔をはずしたために軋む音が聞こえたのかもしれない。
当時、荘厳寺の住職は名僧知識として世に誉れ高く伊達家の厚い信任を得ていた。
この聖人はひそかに、原田甲斐一門の迷える霊を供養して、唯一の名残である四脚門を功徳山・荘厳寺に「悪を善に転じて」移建することを推進して許されてから逆さに移建した。
そのため世に「逆門」として言い伝えられ、現在に至った原田甲斐一族の唯一の名残である。

(説明石碑・碑文より)

逆門の謂れある山門の史蹟
寛文事件と云われた伊達騒動、怨親二つに裂けた敵味方の争憂の中で、、当代の家老職に在った原田甲斐の守は一切の責めを負うて死んだ。
その怨親二つに裂けた多くの犠牲者を弔う意が深く秘められているのが、この山門であると思う。
当代荘厳寺の住職は伊達藩の信望も深く許しを得て、悪を逆さにして善であると云う其の意を以って原田甲斐邸の屋敷の門を荘厳寺に逆に移建し其の霊を弔ったと云う。
其の門の側に石地蔵尊三体の立つ姿に気付く者は少い。
此の地蔵さん門を弔う形に座っているのである。
当時原田甲斐邸より此の逆門を潜って脱出し生還を企った者の幾人かは助かったが、多くは此の山門の処で斬殺されたと云う。
赤児の死体のみでも門のまわりに十七遺体を数えたと云うから其の死体は累々と重なり山をなしたことであったろうかと相像する。
其の犠牲者を弔った面影が残る地蔵さんである。

第二十八世住職 聖誉一阿哲園謹書

(説明石碑・碑文より)


より大きな地図で 逆さ門 を表示
スポンサーサイト





史跡 | 19:19:58 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する