FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

済州島の旅(9)
ホテルに戻り、玄関の「喫煙所」で一服・・・
このツアーでタバコを吸うのは拙者と“タマノさん”の二人だけ。
タバコを一緒に吸うというのは、いいコミュニケーションになるんだけどねぇ~(大笑)

そうだ・・・思い出した・・・
昨晩、ホテルの売店で、このお店のオバチャンに客を連れて来て欲しいと頼まれたんだっけ!(笑)
通路の一番奥にある店なので客が誰も来てくれないから、ツアーの仲間を連れて来てくれと両手を合わせて拝まれたのである。(大笑)
というわけで・・・“タマノさん”を誘って、お店に連れて行きオバチャンに紹介する。
(拙者はポン引きか?)(笑)

さて、拙者は暇である・・・
済州島も今晩が最後・・・
ホテルの周囲を散策しよう。
バスに乗って移動ばかりで、ホテルの周囲を全然知らないというのも面白くない。

で・・・まずは、ホテルを出て、右に歩く・・・・
行けるところまで行ってみる・・・
と・・・途中で、すれ違った初老のオヤジに日本語で「こんばんは!」と声をかけられた!
ん?ポン引きのオヤジか?
と・・・睨めたら・・・
あら・・・同じツアーの“ヨコヤマさん”!!
あっ・・・失礼しました~(大汗)
道が暗くてお顔が良く見えなかったのである。(大笑)
“ヨコヤマさん”は、この先のスーパーに買い物に行って来たと言う。
「で・・・どこへ行くの?」
「はぁ、ただの散歩です!」(笑)

ホテルを中心に縦の道、横の道と歩いてみるが面白くない。
今度は、左、左、左と角を曲がれば、元の位置に戻るだろうと歩いてみる。
が・・・あれ?
ここはどこ?(笑)
見たことない道だぞ・・・
じゃぁ、右、右、右?
いや、右、左、左・・・か?
適当に道を曲がっているうち、ついに迷子になっちまった!(汗)
周囲は真っ暗である・・・・
あらら・・・

現地ガイドは、「済州島は国際的な観光地を目指しています」などと言っていたが・・・
どこが国際的なんだ!
見渡してもハングル文字しか見当たらない・・・
おい、おい、英語の表記はどこかにないのか?
この町には通りの名前を記した標識はないのか?
市街マップは?
現在地はここです・・・みたいな地図看板はないのかね?

マイッタァ~
文明の利器・・・タブレットは部屋に置いてきてしまったのである。
もし、持ち歩いて引ったくりにでも遭ったら大変だと思い置いてきてしまった!
あれがあれば現在地がわかるんだが・・・
しかし、ホテル名もハングルで表示されるから、どっちみちホテルの場所はわからず、使い物にはならなかったかも。(笑)

しかし、それにしても参ったぞ・・・・
完璧に方向感覚が麻痺してしまった!
大通りに出れば、何か看板があるだろうと思って大通りに出たら何もない・・・
大通りなんかに出ちゃったから、益々わからなくなった。
来た道を戻ろうにも、どこをどう曲がったのやら思い出せない!(大汗)

たしか・・・マネキン人形があったお店の角を曲がったような・・・
行ってみると、商店街のショーウィンドーにはシャッターが下り、店の看板も電気が消えている。
さて・・・どのお店だったか・・・?????
時間が経つに連れ、ドンドンお店の電気が消えていく・・・・
ヒェ~わからねぇ~

と・・・ビルとビルの間から、我がホテルのマークが見えた!
おお!
あっちの方角か!(大笑)
全く別の方角に向かって歩いていたことに気がつく。(恥)
やっぱり宿泊するホテルは高層で、てっぺんにホテルのマークや名前の看板があるホテルに限るねぇ~(大笑)

方角がわかったので、その方角へ向かうが・・・
近づけば近づくほど、今度は周囲のビルに遮られてホテルの建物が見えなくなる・・・・
で・・・またもや・・・迷子・・・(大笑)

おい、おい、今晩中にホテルに戻れるか?(大汗)

1時間以上も歩き続け、ようやくホテルに戻れた!
喉もカラカラ・・・汗びっしょりである!(大笑)

というわけで、ホテル内の売店へ飲み物を買いに行ったら、“タマノさん”がお店のオバチャンとおしゃべりしていた。
拙者の顔を見るなり、このオバチャンが騒ぎ出した。
なにごと?
「ちょうどあなたの話をしていたところよ!」
グッドタイミング・・・だったらしい・・・(笑)
「いいお客さんを紹介してくれたから、あなたにプレゼントを渡してくれと頼んでいたところよ~」と言う。
ん?売り物のポーチを拙者にくれるって?(笑)
「あなた、タバコ吸うの?」
「はい、吸いますよ」
「何を吸うの?」
「マイルドセブンのエクストラ・ライト」
「3ミリね・・・韓国のマイルドセブン・・・これもあげる!」
「いや、いや、オバチャン、それじゃ悪いって~。ジュースを買いに来ただけだから・・・」
「ジュース?何、飲む?」
「コカコーラを買おうかなって・・・」
「コカコーラね・・・これもあげる!飲んで!」
「いやいや、あれ?・・・それじゃ悪いから・・・お金を払うから~」
「いいの、いいの、いいお客さんを紹介してくれて本当にアリガトね~何か御礼をしないと気が済まないの」

“タマノさんを見たら、大きな布バックがパンパンになるほど日本へのお土産を買ったようである。
「ゲッ・・・タマノさん、こんなに買ったの?」
「いや、この半分ぐらい・・・半分はオバチャンからのプレゼント・・・」(大笑)
「うそぉ~」(大笑)
「いやぁ~オバチャンと話が盛り上がっちゃってねぇ~」
「え?1時間もここにいたんですか?」
「そうなるかなぁ~」(笑)

どうせ、他にはお客は来ないから、閉店まで店でタバコを吸ってジュースを飲んで、おしゃべりしていってくれと言う。(笑)
で・・・オバチャンの身の上話・・・
なにせ、少女時代に日本へ密入国したところから話は始まるから・・・長い・・・(大笑)
このオバチャンの気前の良さはどこから来るのか・・・・(笑)
ネットでも有名らしく、昨日は、日本人の女の子達がネットでオバチャンのことを知った・・・とお店にやってきたとか。
「ネットって何のことだかわからないんだけどね。あたしのことが書いてあるって・・・」と笑う。

普通ならば、たったこれっぽっちしか買わないのかと嫌な顔をされるはずだが・・・・
拙者は昨晩、ジュースを2本しか買っていないのだし・・・・
「お客さんを連れてきたよ~」って言っても、ツアー客全員を連れて行ったわけではなく、たった一人だけだし・・・(笑)
「その気持ちが嬉しい」と言われても、こんなにタダでいただいたのでは・・・
不思議なオバチャンである。(笑)
こんな気さくな、商売抜きで感謝してくれる人も珍しい・・・・

またまた不思議な“韓国人”に会ってしまった。(大笑)
大学教授夫妻といい、このオバチャンといい、拙者の知っている韓国人とはかなり違う・・・
おかしい・・・
済州島の韓国人は人種が違うのか?(大笑)

閉店の時間となり、オバチャンとはお別れ・・・・
我々は明日の便で帰国するので・・・本当のお別れである。
店の外まで出て、両手を合わせて拝まれる。(大笑)
思わず・・・「また来るからぁ~!」と言ってしまった。
拙者は韓国が嫌いなんだけどなぁ~(大笑)

オバチャンの思い出として・・・もらった品を写真に撮って残すことにする。
パチリ・・・

205_convert_20120715171344.jpg

このタバコは・・・もったいなくて吸えないなぁ~(大笑)
スポンサーサイト





旅行 | 15:20:02 | Comments(2)
コメント
えぇーーまたまた本当に韓国人??シリーズ第2段突入ですか?(笑
それは良かったって感激するのが筋ってもんでしょうが、いいえ私は騙されませんよ。
と言っても、もし済州島に旅したら捜してでも会ってしまうでしょう(笑
中にはいらっしゃると思います。素直に信じましょう。と支離滅裂状態になってます。(笑
しかし、たいがいの方々お陰でこんな良いと思われる方が、こんな思われるなんて気の毒ですね。
済州島にこんなに戦跡があったなんて驚きですし、重衛兵さんがいらっしゃる前は、正直「何故あんな所にいくのでしょう」と不思議でしたが、この旅日記楽しく拝読させていただいているのも事実です。生きているっておもしろい!!
2012-07-17 火 14:30:53 | URL | お染 [編集]
Re: タイトルなし
でしょ?不思議でしょ?おかしいでしょ?
韓国にも“良い人”は、いるんですねぇ~(笑)
やはり、なんでもそうですが、体験してみないと・・・行ってみないとわからんものですねぇ~
2012-07-17 火 20:10:35 | URL | 野牛重兵衛 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する