FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

済州島の旅(7)
次に向かったのは「アルトル飛行場跡」・・・・
ここは日本海軍の済州島海軍航空基地跡である。

最初に訪れたのは「通信施設壕」と呼ばれている場所である。
さきほどの海岸から30分弱ほど車で走ったところにある。
時刻は午後4時半・・・・

151_convert_20120714154202.jpg 154_convert_20120714154327.jpg

出入り口らしきコンクリートの半円の筒状のものが2基、平行に並んでいる。
これがV字型もしくはU字型に繋がっていて、その中心に5本の煙突のようなものが見える。
草木に覆われていて煙突なのか柱なのかは、わからないが・・・
「これが通信施設と思われます」との教授の説明。
これに対して拙者は疑問を呈したところ「そうですか?」とあっさりと尋ねてくる。
「どちらかというと、燃料庫のような気がしますが・・・」
「そうですか・・・燃料庫ねぇ~・・・そういう可能性もあるかな?」
「煙突のようなものが5本あるでしょ?あれが気になるんですよ。揮発性の高い燃料のガス抜きの煙突の可能性もあるのではないでしょうか?」
「そう、私も、それがわからないんですよ。あの5本の煙突みたいなのが何か・・・」
「ですよね?アンテナならば5本も横並びに建てないと思うんですよね」
「燃料貯蔵庫ねぇ~・・・・一応、私の調査では通信設備・・・ということにしていますが・・・」
「いや、私も確証はないんですけどね。もしかしたら・・ということで・・・。とりあえず通信設備ということで今のところはいいんじゃないでしょうか?」
写真家の“ヤスジマさん”は、かなり戦跡を巡り本も出版されているが、彼も確証が持てないと言う。
とりあえず、教授の説でいいだろうということになる。

それにしても驚いた・・・・
拙者が教授の説に疑問を言ったことに対する教授の対応・・・
拙者が今までに会ったことのある韓国人なら「何を言うか!私は専門家です!あなたなんかにわかるはずがない!これは間違いないんだ!」という具合に、強い自己主張と日本人に対する侮蔑を混ぜた反応を示すだろうから、同じような対応をしてくるものと覚悟していたのだが・・・
あれ?・・・拍子抜けである。
「なるほどねぇ~」と言われちゃっては、ガクッ・・・である。(笑)
拙者の「韓国人観」とは、かなり違った人なので驚いた。(大笑)
拙者は韓国人は好きではないが・・・(大笑)・・・この人は別だな・・・
非常に常識・良識のある方とお見受けした・・・・
いやぁ~参った・・・脱帽である。(笑)

次に向かったのが、「掩体壕」のある場所・・・・
「掩体壕」は、コンクリートで造られたもので、この中に航空機を入れて敵の銃爆撃から機体を守る施設・・・
このアルトル飛行場には、今でも19個もの掩体壕が残っているという。

157_convert_20120714214544.jpg 167_convert_20120714215439.jpg

畑の中の狭い農道を行ったり来たりして、バスの車窓から掩体壕を見る。
“ヤスジマさん”は以前、ここへ来て、一人で全部の掩体壕を見て回ったという。
「かなり時間がかかりましたよぉ~」と笑う。
そうだろうねぇ~
こう点在していたのでは・・・・

ここは畑や空き地になっているが、韓国空軍の土地だそうである。
以前、ここに飛行場(韓国空軍基地?)を造るということで、これら日本軍の遺跡を取り払うという話が持ち上がったという。
この時に、貴重な戦争遺産・歴史遺産を保存すべきだということで取り壊しの反対運動をしたのが教授たちだという。
おかげで、今でも日本軍の戦跡が、そのまま保存されている。
“日帝時代”の遺産は見るのも嫌だとばかり、壊したがる韓国人の中で、歴史遺産として位置づけ、保存しようと言うのだから大したものである。
その見解は大いに正しい!(喜)
日本統治時代の韓国総督府の建物を壊した連中とは大違いである。
あの歴史的価値のある建物を壊すんだから・・・・愚かである。
ちなみに、台湾では、当時の台湾総督府の建物は現在も維持されている。
教授のような常識のある韓国人に会えて良かった・・・と思う。

バスの中で見るばかりでは・・・ということで、1箇所だけバスを降りて内部を見学することになった。
へぇ~・・・である。
かなり天井が低い・・・
「これで飛行機が入ったかねぇ~?」と参加者達・・・
「う~ん・・・かなり埋もれているんじゃないんでしょうか?」(笑)

170_convert_20120714221704.jpg

次に向かったのは、すぐ近くにある「給水塔」・・・・
「各地の類似した戦跡のものと比較して、これは給水塔の跡だろうと判断しました」と教授。
なんと謙虚な言い方なんだろう・・・・(笑)

176_convert_20120714223147.jpg

180_convert_20120714230853.jpg(飛行場跡)

周囲を見ていて、どうしても気になる場所がある・・・・
小高い丘に見えるが・・・どうも怪しい・・・(笑)
拙者の勘が、そう言うのである・・・
と・・・教授が、地下施設へ案内すると言って歩き出した。
「戦闘指揮所壕ではないか」と言っていたと思うが・・・
向かった先は、やっぱり拙者が怪しいと睨んでいた丘だった。(大喜)

185_convert_20120714231611.jpg

この施設は戦闘指揮所の退避壕かもしれない。
以前、ペリリュー島へ行った時に同様の形状の壕に入ったことがある。
ペリリュー島の飛行場の戦闘指揮所の建物のすぐ近くにあったので、これも同様の目的で作られたものではなかろうか?
規模は若干違うが、内部の形状等はほぼ同じである。
ペリリュー島のもののほうには出入り口に鉄の扉が付いていたと記憶している。
ペリリュー島の壕と同じ形状であることを教授に伝える。

187_convert_20120714232608.jpg(入り口) 190_convert_20120714232725.jpg(内部)

続いて、ここから少し離れた場所へバスで移動・・・・
ここは弾薬庫があった場所で、終戦後、米軍の手により爆破されたという。
で・・・火山のクレーターのように陥没している。

195_convert_20120714233348.jpg 198_convert_20120714233500.jpg

ここは旧日本軍の弾薬庫という歴史的場所というより、島民虐殺の現場というほうが有名な歴史的場所のようである。
島民虐殺の慰霊碑が建ち、なぜか、日本語の説明碑も建っている。

197_convert_20120714233854.jpg


(説明碑)
ここは、太平洋戦争当時、済州島民の強制動員によって造られた島内最大の弾薬庫であったが、戦争が終わると米軍により爆破され陥没した跡地である。
その後、1950年6月25日に朝鮮戦争が勃発すると内務部の治安局は、日本植民地統治下で我が民族を抑圧していた旧予備検束法を悪用して要注意人物や不審分子を逮捕・拘束し、拘禁者を処刑するようにと各警察局に指示を送った。
これに従い、モスルポ警察署管内でも344人を予備検束し、監視していた。
そしてモスルポ駐屯の政府軍は同年7月16日頃に20人、8月20日に193人など、210人以上を法的手続きもなしに集団虐殺・埋葬し、遺族に遺体を引き渡さずに民間人の出入りを統制していたが、1956年の春にようやく遺骸発掘が許された、すさまじい歴史の現場である。
(碑文より)

どうやら・・・弾薬庫跡のこの陥没した穴に、島民を虐殺して埋めたらしい・・・
あらら・・・である。

時刻は午後5時半・・・・
なぜかまだ明るい・・・(笑)

もう1ヶ所、今度は人間魚雷「回天」の基地跡を見に行く。


より大きな地図で 済州島海軍航空基地跡(アルトル飛行場跡) を表示
スポンサーサイト





旅行 | 13:09:55 | Comments(2)
コメント
お待ちしておりました済州島旅日記、楽しまさせていただいております。
へぇ~!ほぉ~!はぁ~!って呟きながら。
知れるっていいですね。
このブログを知って良かったとつくづく思いますよ。
ところで教授良い方の様ですが、国籍は韓国でも韓国人ではないのでは?(大笑
だって今までの小さな私の体験から、考えるとう~~ん信じられない(笑
2012-07-15 日 12:33:10 | URL | お染 [編集]
Re: タイトルなし
お待たせいたしました!
ボチボチと書いております・・・・

この教授・・・
とても“韓国人”とは思えないほど良い人で・・・(大笑)
不思議なんですよねぇ~
でも、比率から言うと、かなりの少数派ですから・・・
拙者の韓国人に対するイメージは払拭できません。(大笑)
「これからは韓国人に対する偏見を捨てます」などという綺麗事を言う気はありません。
この人は素晴らしい!・・・というだけです。
というわけで、こういう人もいるのです・・・信じて下さいね。(大笑)
2012-07-15 日 15:16:23 | URL | 野牛重兵衛 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する