FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

本城三儒屋敷跡
271_convert_20120513232511.jpg

本城三儒屋敷跡

本城三儒とは、本城家に三代にわたって偉大な儒学者が続いたのでこの名称がある。
三儒とは、紫巌・太華・素堂のことである。
紫巌(しがん)(1737~1803)は最初、萩の明倫館で山根華陽に学び、やがて江戸の滝鶴台で学ぶ。
帰藩してから天明5年(1785)鳴鳳館が創立されると学頭としてその発展に尽力した。
太華(たいか)(1775~1844)は、紫巌の子で、九州の高木紫溟や亀井南冥に学び帰藩して鳴鳳館の助教となり、更に世子広篤(後の9代藩主元蕃(もとみつ))の侍講となる。
素堂(そどう)(1825~1865)は、通称清といわれ、徳山藩士江村氏の出で本城家を嗣ぐ。
藩主元蕃の近侍兼文学師範をつとめ、政務にも参与した。
後に興譲館の教授となり更に世子元功(もとこと)の近侍となる。

平成15年4月
周南市教育委員会

(説明板より)


より大きな地図で 本城三儒屋敷跡 を表示
スポンサーサイト





史跡 | 16:23:46 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する