FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

山口・福岡の旅(6)
午後2時という遅い昼食を終え・・・・一服・・・・
今日は福岡に移動して博多に宿泊する予定。
まだ博多に行くには、ちょっと早い。
どこか、その辺をブラブラしてみようかとホテルのロビーに置いてあった観光パンフレットを見てみたら・・・
あらら・・・児玉源太郎の銅像があるってか?(笑)
行かねばなるまい!
児玉源太郎生誕の地もあるってか?(笑)
児玉源太郎って徳山の出身だったんだぁ~
行かねばなるまい!(笑)
いいものを見つけた!
現地で資料を入手しないとわからないものもあるから、資料収集は必須である。

場所は駅の向こう側のようなので、とりあえず駅のコインロッカーにカバンを預け、ブラブラと出かけることにした。
で・・・問題は、このマップである。(笑)
観光用のイラストマップ・・・・
イラストマップって、どこでもそうだが、表示位置が正確ではない。
ざっくりとした位置しか示していないので、おおよその見当をつけて歩くしかない。

で・・・こっちのほうだろうと方向だけを決めて歩いていたら・・・
あら?
マップには載っていない“史跡”があるではないか!
ちゃんと標石や説明板も立てているんだから、こういうものもマップには載せておいてもらいたいものである。

260_convert_20120513212000.jpg(奈古屋蔵人屋敷跡)

山口銀行徳山支店の脇に「奈古屋蔵人(なごやくらんど)屋敷跡」の碑が・・・
この人・・・徳山藩の家老らしい。
ん・・・・知らない・・・(笑)

斜向かいの徳山市役所に銅像を発見!(笑)
野村恒造という人の銅像だが、側碑の碑文が文字が薄れていて、よく読めない。
貴族院議員などを歴任した政治家らしい。

273_convert_20120513212932.jpg(本城三儒屋敷跡)

更に10分ほど歩くと、道路の分離帯のところに何かの標石と説明板が・・・
道を渡って行ってみると・・・
「本城三儒屋敷跡」だそうだ・・・・
本城家から三代にわたって偉い儒学者が出たので、「本城三儒」と名付けたそうである。
ん・・・本城家って・・・誰?(笑)

さて・・・お目当ての児玉源太郎の生誕地跡・・・
観光イラストマップを見ても、どのあたりなのかはっきりとは分からない・・・(涙)
“町内”をグルグル回ってようやく見つけた!
どの道に面しているかをハッキリ明示してくれないと困るんだよねぇ~
裏道に面しているのかと思い、一本、裏の道を散々探し回ってしまったじゃないか!(笑)

274_convert_20120513213812.jpg

ようやく辿り着いた児玉源太郎生誕の地・・・すなわち「児玉家屋敷跡」は、駐車場になっていた!
で・・・産湯の井戸と記念碑が駐車場の奥に・・・
敷地内に入っていいのやら悪いのやら迷うところであるが、説明板が建っているんだから、入ってもいいんだろうと判断して敷地内に侵入・・・(大笑)
本当に、こういう時には迷うんだよねぇ~
不審者と間違えられたら嫌だし・・・・

ここでUターンして、駅に向かって戻ることにする。

288_convert_20120513214835.jpg

途中で、「福原元(ふくはらもとたけ)幽閉の地」の標石と説明板に出会う。
この人・・・徳山藩主の息子で、長州藩の家老を務めた人らしい・・・
ふ~ん・・・知らないなぁ~(笑)
博学の水戸藩士“シミズくん”ならば知っているのだろうが・・・(笑)

289_convert_20120513215613.jpg 290_convert_20120513215744.jpg

市役所まで戻ってきた。
今頃気付いたのだが・・・市役所前の通りの中央分離帯に花が植えてあった。
あら・・・綺麗なこと・・・
ということで、パチリ!
で・・・徳山税務署の前も花で飾られていたので、これも綺麗だなぁ~と・・・パチリ!
道行くOLに「何してんの?このオッサン?」という顔で睨まれた・・・(汗)
別にあなたのスカートの中を撮ろうって言うんじゃないんですよ・・・
花を撮りたいからカメラを持ち出したのでして・・・
と・・・あらぬ疑いをかけられそうな気がしてドキドキである。
ちょっとタイミングが悪かったか・・・・(大笑)

次に向かったのが・・・お楽しみの児玉源太郎の銅像があるという「児玉公園」・・・・
さて・・・どんな銅像なのだろう?
ワクワクである!(笑)

293_convert_20120513220903.jpg 299_convert_20120513221045.jpg

公園の隅に銅像が!(喜)
この銅像は、台湾の国立博物館にあるもののレプリカだそうだが・・・・
先月、台湾に行って特別に見せてもらった実物のほうは、かなり劣化していて顔も何もよくわからなかった。
ほぉ~こういう銅像だったのかと感無量である!

この公園の奥に「児玉神社」がある。
児玉源太郎を祀っている神社だそうだ。

307_convert_20120513222400.jpg

この神社の周囲の石碑・顕彰碑などを見ているうち、時刻は3時となる。
そろそろ駅へ戻ろうか・・・・

322_convert_20120513224426.jpg(徳山駅在来線口)

連絡通路を通って駅の反対側の新幹線口へ向かい、駅前の喫茶店で一服・・・・
新幹線口の前は閑散としている。(笑)
どういうわけか、新幹線口の駅前が開発が進まず閑散としているという町は多い。
更には、最近は駅前で喫茶店を見つけるのも難しくなった。
スターバックスやらドトールがあれば良いほうである。
“純喫茶”のような昔ながらの喫茶店を見つけるのは困難な時代となったが・・・
ここに1軒だけ・・・昔ながらの「タバコも吸える」(大笑)、喫茶店が・・・!
嬉しいなぁ~落ち着くなぁ~
ということで、ここで一服した後、午後4時発の新幹線「こだま」で博多に向かう。

323_convert_20120513224829.jpg(徳山駅新幹線口)

が・・・
車内に若いオニイチャンのグループが・・・
こいつらが、またうるさいのなんのって・・・馬鹿話に馬鹿笑い、加えて大はしゃぎ・・・
貸切じゃねぇだろう!
直ぐ近くなら、文句を言ってもいいが・・・
少し離れているから始末が悪い。
わざわざ向こうまで行って文句を言うのもねぇ~
博多までの1時間半・・・こいつらのドンチャン騒ぎに付き合わされることになる。

昔なら、「てめぇら静かにしろ!」と凄んだものだが・・・
歳を取っちゃったせいか・・・その元気がない・・・(大笑)
情けない・・・
歳は取りたくないもんだ・・・(大笑)

午後5時半、終点・博多駅に到着し、駅前のホテルにチェックイン・・・・
以前何度か泊まったホテルは満室のため予約が取れなかった。
で・・・初めて泊まるホテルだが・・・
レストランが・・・ない!
うっかり、そこまで調べていなかった。(笑)
フロントで尋ねたら居酒屋風の店が地下階にあるだけとのこと。
博多の駅前なので、周囲にはそれなりにたくさんの飲食店があるが・・・
どこを見ても居酒屋しか目に付かない。
なんで居酒屋ばかりなんだ?
落ち着いて一人で食事が出来そうな店が見当たらない!
というわけで・・・午後6時半、直ぐ近くの別のホテルのレストランに食事に出かけることにした。
ホテル内のイタリアンレストラン・・・
今度は高級過ぎて・・・落ち着きすぎて、逆に落ち着かない・・・(大笑)
うまくいかないものである。
スポンサーサイト





旅行 | 14:46:46 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する