FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

山口・福岡の旅(5)
休憩所のオバサンと楽しい会話をして・・・さぁてぇ~港に戻ろうかなと、休憩所を出て坂道を降りる。
と・・・途中で坂道を登ってくる、ご年配のご夫婦と出会う。
「記念館はまだこの先ですか?」とオバサン。
ご主人は、多分脳梗塞か何かをされたのではなかろうか、杖を突いて半身が不自由な感じ・・・・
息を切らして、身をかがめて一休み中だった。
「この坂の更に先の坂道をもう少し登りますが・・・」
「え~じゃぁ、ちょっと無理だわぁ~お父さん!ここで戻りましょう!これ以上は無理だから!」とオバサン。
結局、このご夫婦は、坂道の途中で引き返すこととなった。
え~、ここまで来て、もったいない・・・・
「記念館に車椅子があるかどうか聞いてきましょうか?車椅子があれば登れるでしょうし・・・僕が押してあげますから・・・」
「いやぁ~諦めますから、いいですよ」
「そうですかぁ?ここまで折角来たのに・・・」
「ご親切にどうもありがとうございます。でも、もう結構ですから・・・」とおっしゃるので、あまりお節介を押し付けても迷惑だと思い坂を降りることにした。

次に向かったのは、人間魚雷「回天」発射訓練基地跡・・・
トンネルを抜けて向こう側に行くと、その訓練基地の建物がある。

240_convert_20120511175227.jpg 243_convert_20120511175427.jpg

どうもここは、釣り場になっているらしい・・・
2人ほど釣り客が釣り糸を垂らしていた。
う~ん・・・写真を撮るのに・・・邪魔だ・・・(笑)

254_convert_20120511181355.jpg

港に戻り、待合所を覗いてみたら、無料で貸し出しの車椅子が置いてあった。
あらら・・・
そこへ、先ほどのご夫婦が・・・
「ここに車椅子がありました~!どうですか?これで行ってみますか?押してあげますけど・・・」
「いやぁ~度々すみません。でも、もう諦めました~」
で・・・このご夫妻と、待合所でおしゃべり。
高速艇の出港する時間まで、まだしばらくある・・・
と・・・そこへ、拙者より年上の夫婦がやってきた・・・
「行ったの?行かなかった?もう少し行けば着いただろ?行けばよかったのに・・・俺は見てきたけどね」と、この男の人が言う。
「あの坂では行けるわけないでしょ!あそこまでが限界よ」とオバサン。
あらら・・・
もしかして・・・息子さん?
うそぉ~息子さん夫婦も一緒だったの?
で・・・体の不自由な親をほったらかしにして自分達だけで記念館に行ってたの?
唖然である。
こやつ・・・拙者の嫌いな団塊の世代か?
「いやぁ~うちの親父が世話になったみたいで・・・」と言われりゃ、「いやぁ~余計なお節介をしてすみません・・・」と、そこから会話が始まるというものであるが・・・
ご両親とおしゃべりしていても、半分睨むように拙者を見て、フンと横を向かれちゃ話にならぬ。
コミュニケーションの取れない奴だ・・・
団塊の世代だな・・・

それでも・・・この老夫婦との会話は弾む。
平日に旅行とは、優雅な生活をしてますねぇ~と笑われる。
「引退する歳じゃないですよね?」と言われたので、「廃業して、貯金を崩して生活してます」と答えたら、「いやぁ~かなりの資産家で・・・」と言われてしまった。(笑)
そうじゃないんだけどなぁ~
でも、無理もないか・・・普通の人では考えられない行動をしているんだから・・・

時刻は昼を過ぎている・・・
腹が減って溜まらん・・・
この島には食堂が1軒あるそうだが、平日は閉店していると無料休憩所のオバサンが言っていた。
日曜など観光客が多いときにしか開けないのだそうだ・・・
なんという不便な島か・・・・(涙)
あ~腹が減って死にそうだ・・・(笑)
山に登ったから尚更である。

ちょうどこの午後は2時間に1本しか出ない帰りの高速艇に乗り、徳山港へ戻る。

256_convert_20120511211546.jpg

高速艇から見た大津島・・・・
写真の左の山に登った・・・ネクタイ締めて、ジャケット姿で・・・しかも革靴で・・・(大笑)

港に着き、先ほどの老夫婦とお別れ・・・・
「いろいろと気を遣ってもらってすみませんでした。お気をつけて旅を続けて下さいね」と言われる。
う~ん・・・なんとなく“フーテンの寅さん”になった気分・・・(大笑)
「いやぁ~余計なお節介ばかりしまして失礼しました」とご挨拶して船を下りる。
息子さんは・・・無表情・・・・
この世代だな・・・・日本を駄目にしたのは・・・(笑)

ホテルに戻って、預かってもらっていたカバンを受け取り・・・
ん?どうせだから、ここのレストランで食事をするか・・・
と思ったら・・・既にオーダーストップの時間。
それでも、係りの人が厨房と交渉して、和食の定食なら提供できるというので、お願いする。
いやぁ~わがまま言ってすみません!

257_convert_20120511213046.jpg

値段の割には豪華な定食!大満足である!
「和食しかなくて、すみません」と担当の女の子。
「いやぁ~大津島に行ってきたんですけどね。食べるところがなくて、危うく餓死するところでしたぁ~。いやぁ~これで死なずに済みました」と言ったら笑われた・・・(笑)
スポンサーサイト





旅行 | 12:29:27 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する