FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

岩国徴古館
118_convert_20120507105031.jpg

岩国徴古館の建物の概説

当館は、物資統制下の戦時中に、旧藩主吉川家が「郷土に博物館を」という目的で建てた建物で、昭和17年(1942)9月27日起工、同20年(1945)3月10日竣工。
設計は佐藤武夫。
施工は株式会社池田組。
佐藤武夫(1899~1972)は名古屋に生れ、岩国中学校を卒業して早稲田大学で建築学を専攻し、同大学の教授となり、建築音響学の分野を開拓した。
又、日本建築学会の会長を勤め、芸術院賞を受賞した。
当館は、佐藤武夫が学究心を燃やして初めて手がけた作品で、当時、建築学界に新しい感覚で受け入れられたヨーロッパの古典主義様式を基本にして、佐藤の建築家としての才気を表したものである。
特に、展示室内部の下部が広がった列柱や、木製の階段の形態などに、物資の乏しい戦時下の建築とは思えない豊かさを感じさせる。

岩国徴古館

(説明板より)


より大きな地図で 岩国徴古館 を表示
スポンサーサイト





建物 | 11:47:13 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する