FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

香川家長屋門
094_convert_20120504145555.jpg

山口県指定文化財
建造物 香川家長屋門 1棟
指定年月日 昭和41年6月10日 山口県有形文化財
管理団体 岩国市

説明

香川家長屋門は岩国藩家老香川氏の表門で今から270年余前香川正恒が建造したもので建築面積123.14平方メートル江戸時代の武家門造の典型として城下町岩国をしのぶ好個の資料であります。
香川家は初め芸州(広島県)八木城主で吉川広家が岩国に移封された当時客分から家老に取り立てられた名門であり、かの歴史的に有名な陰徳太平記は正恒の父正矩苦心の作で正恒の弟景継が大成したものであります。
その他香川家からは為政者あるいは歌人の優れた人物が輩出しています。
この長屋門は昭和30年1月25日山口県指定文化財顕彰規定により指定されていましたがその後昭和40年山口県文化財保護条例が制定され同41年6月10日山口県有形文化財の指定を受けました。
なお、この建造物は当主香川晃氏から昭和30年10月25日、岩国市に寄贈されております。

岩国市教育委員会

(説明板より)


より大きな地図で 香川家長屋門 を表示
スポンサーサイト





史跡 | 18:53:06 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する