FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

天保山砲台跡
DSC04996.jpg
(鹿児島県鹿児島市)

天保山砲台跡
「撃てエー」天保山砲台什長・鎌田市兵衛の合図で号砲が轟き、錦江湾を威圧していたイギリス艦隊との間に戦いが開始されました。
1863年(文久3年)7月2日(太陽暦8月15日)正午に始まった砲撃戦は、薩軍の必死の戦いで、イギリス側にも大きな損害を与えましたが、わずか3時間で城下は壊滅的な打撃をうけ、最新式アームストロング砲の威力を思い知らされたのです。
天保山砲台は、島津家27代藩主斉興(なりおき)が緊張感高まる対外情勢に備えて着手、1850年(嘉永3年)に竣工しました。
さらに、後を継いだ斉彬(なりあきら)も藩の沿岸各所に砲台を築造、大砲を集成館で作らせ、海防にあてたのです。
天保山で行われた城下士全体の連合調練を、斉彬自らが閲兵するほど、熱心に取り組んだと伝えられています。
薩英戦争で海外の先進技術に目覚めた薩摩藩は、その後イギリスへの留学生派遣を行うなど、西洋技術の吸収につとめました。
当時の砲台のうち、この天保山と祇園之洲(ぎおんのす)に砲台跡があります。

(説明板より)

天保山砲台跡

スポンサーサイト





史跡 | 16:22:24 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
リンク報告
はじめまして。カミタクこと神山卓也と申します。

拙HP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内のサブ・ページ「天保山公園(坂本竜馬新婚の碑,共月亭,砲台跡,調所広郷の像)」訪問記
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGKAN71.HTM
から貴ページにリンクを張りましたので、その旨ご報告申し上げます。

今後とも、よろしくお願いいたします。
2008-04-26 土 15:14:16 | URL | カミタク(リンク先は「天保山公園訪問記」) [編集]
ご報告ありがとうございます。
神山様、はじめまして。
リンクのご報告ありがとうございます。
こちらこそ、今後とも宜しくお願いいたします。
2008-04-26 土 20:56:39 | URL | 重兵衛 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する