FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

親父は幸せである
東京から帰宅して、親父に留守中のことを尋ねた。

昨日、“セイちゃん”に駅まで送ってもらい、特急に乗ってまもなく・・・・
地震!!
といっても・・・車内の拙者は全く気がつかなかった。(笑)
急に特急が停車し車内にアナウンスが・・・
「地震を感知しましたので停車します。現在、安全を確認しております」
ん?地震?
特急が停車するほどの地震という事は、かなり大きかったのかな?(笑)

妹から携帯に電話があったが、気が付くのが遅れた・・・
こちらからかけなおしたら回線が繋がらない・・・
用件は、多分、今の地震か?

まずい・・・親父を一人で留守番させている・・・
大きな地震だったのなら、さぞかし不安な思いをしてるだろう・・・・

と、思って、帰宅して親父に昨日の地震のことを尋ねたのだが・・・
「ん?地震?あったの?昨日?さぁ~覚えてねぇなぁ~」
ガクッ・・・
「特急が途中で停止したくらいだから大きかったと思うけど?」
「へぇ~電車が止まったのか?」
「大きかったんだろ?俺は車内にいて気が付かなかったから、よく知らないけど・・・」
「おお、電車は普段から揺れてるからな。気が付かないのも当然だ」
「で・・・大丈夫だった?」
「何が?」
「地震だよ、地震・・・」
「ん?いつの?」
「昨日のお昼!」
「地震ねぇ~?あったのか?揺れたかな?記憶がねぇなぁ~」

ダメだ・・・
完璧にボケジジイになっている・・・

いや、見方によっては幸せかもしれんぞ・・・これは・・・
地震が起きても気が付かない、覚えていないということは、恐怖を感じないということであろう?
幸せだなぁ~それ・・・

そうか!
それじぁ~これからも一人で留守番させても大丈夫だな!(大笑)
スポンサーサイト





日記 | 19:51:49 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する