FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

九州旅行(3)
昼食後、『長崎原爆資料館』へ行く。
拙者としては全く興味はないし正直言って行きたくはない。
実は拙者は顔と手に火傷を負っている。
だから、こういう場所に行くと奇異の目でジロジロと見られるので気が進まない。
できれば避けて通りたいが・・・ここは長崎観光の定番。
子供達の教育のためにも我慢して行くかぁ~(笑)
いつか、何十年後かにこの子供達が今度は観光バスかなんかに乗って団体で訪れて、そういえば昔“おじちゃん”とここに来たなぁ~と思い出してくれたらありがたい。
子供達は多少なりとも興味を持ってくれたようだ。
原爆でケロイドを負った人達の写真や模型が展示されている。
なんとも辛い。
拙者自身がケロイドを負っているのだから・・・何も写真を見なくったって拙者を見ればいいのであって・・・
子供達はこの写真を見てどう思ったであろうか?
見学を終え、今度は路面電車で『新中川』駅まで行き、そこから徒歩で『シーボルト邸跡』と『シーボルト記念館』へ行く。
細い路地を歩くが、途中で迷子になりそうになり拙者としては不安で一杯。
そういう中でも子供達はチンタラチンタラと携帯電話でメールを書いてるのか、ゲームをやっているのか・・・携帯電話を見ながら付いて来るんだから現代っ子の行状には呆れるばかり。
ようやく無事に目的地に到着。
時刻は1時40分。
DSC04978.jpg
(シーボルト宅跡)
DSC04979.jpg
(シーボルト記念館)
「おじちゃん、シーボルトって日本を追放されたんだよね?」と甥が言う。
おお!偉いじゃないか、よく知ってるじゃないか。
「何で追放されたの?」
「あのなぁ、目の前のパネルに書いてあるだろう!自分でよく読め!」
どうして、こう楽をしたがるかなぁ~
聞いたほうが早いなんて・・・・とんでもねぇ。
自分で調べろって!
相変わらず一人の子どもは「疲れたぁ~もう歩けねぇ~」とブツブツ言っている。
何を言うか!携帯で遊んでいるくせして・・・・
よし、少し懲らしめてやろう!
「おい、今度は風頭山の頂上にある坂本龍馬の銅像を見に行くぞ!」
「山に登るのぉ~ゲェ~」
ムフフ・・・ざまぁみろ。
・・・と思って風頭山に向かうが、道は細く急な坂。
しかも道順がさっぱりわからん。
懲らしめるつもりが、こちらが息が切れてツライ、ツライ(笑)
DSC04980.jpg
(風頭山頂上の坂本龍馬像)
46歳、老骨に鞭打ってようやく到着する。
ここで一服して、坂を下りて『亀山社中跡』に向かう。
DSC04982.jpg
(亀山社中跡)
石碑が建つのみで詳しい説明板はない。
よくもこんな不便な場所に『社中』を作ったものだ。
それにしても、やっとの思いで辿り着いたのに石碑のみとは・・・
観光協会や教育委員会は何をしてるんだろうか?
DSC04983.jpg
(龍馬のぶーつ像)
『亀山社中』の直ぐ近くに『龍馬のぶーつ像』があった。
「おい、このブーツに足を入れてみろ。記念写真を撮ってやるから」
「おじちゃ~ん、坂本龍馬って足が大きかったんだねぇ~」と甥っ子。
「そんなにでかいわけねぇだろ・・・アホか!」
周りの観光客に思いっきり笑われる。(汗)
時刻は3時。
それ!急げ!次は『出島』に行くぞ!
今度は坂を下るだけだから楽なはずだが・・・
相変わらず1名がチンタラチンタラと歩いている。
参ったなぁ~
路面電車に乗り『出島』へ。
DSC04986.jpg
(ミニ出島・出島の模型)
DSC04987.jpg
(出島の復元建物)
その昔、出島があった場所に出来た、いわゆるテーマパーク。
当時の建物を復元して資料の展示などがされているのだが・・・
あれほどチンタラとしていた子どもは今度はじゃれて遊び始め見学というのには程遠い。
何をしに来たのか・・・・
さすがに拙者は子供達を放り出して一人で見学することとする。
約1時間15分・・・・じっくりと見学する。
子供達にとってはつまらなかったろうが・・・・
拙者は満足。
さて、時刻は5時。
以上をもって本日の旅行は終了!さぁ、ホテルに帰ろう!
路面電車の駅で電車を待つ間に子供達がじゃれあって仕舞いには線路にまでおりてはしゃぐ始末。
プチン!切れた!
今春から中学生になるというのに・・・・何をしておる!
「電車には乗らん!ホテルまで歩くぞ!」
『エ~ッ・・・歩くのぉ~」
「お前ら、電車から外の景色を見てなかったろ?ここからホテルまでは歩ける距離だ!だから歩く!」
夕食は今晩も外食。今夜は甥っ子の提案で天ぷら屋で天ぷらを食べる。
今晩の風呂はホテルの大浴場を使うこととする。
子供達は大はしゃぎ。
まぁ、他に客はいないからこれは黙認してやろう。
「さて、明朝は早いぞ。空港へ行って鹿児島に移動する。寝坊したらアウトだから早く寝ろ!」
・・・と言っても言うことを聞く連中じゃない。
まぁ、口うるさい(?)親から離れられて嬉しくて仕方がないのだろう。
寝やしない!
こっちは歩き過ぎてクタクタじゃ。
付き合いきれんわ~
スポンサーサイト





旅行 | 15:40:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する