FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

お亀茶屋跡
383_convert_20111008201724.jpg

伊藤博文公夫妻史跡
「お亀茶屋」跡

幕末のころ北前船の寄港地として海陸物産が集散し西の浪華として栄えていた下関の町を、明治維新の志士たちが繁く往来していました。
慶応元年(1865)の初夏、刺客に追われた伊藤博文公が亀山八幡宮の境内で、茶屋のお茶子だった木田梅子に助けられたのが2人の出会いで、その1年後に夫婦になりました。
伊藤公は明治新政府を樹立し、初代内閣総理大臣として日本の近代化と発展に身命をなげうち、明治42年(1909)、凶弾に倒れました。
明治の元勲と称えられる伊藤公と、公を支えた梅子夫人が結ばれたゆかりの場所です。

“国のため光をそへてゆきましし
      君とし思へど悲しかりけり”(梅子)

夫人は大正13年(1924)に77才で亡くなりました。

芳梅会

(説明板より)
スポンサーサイト





史跡 | 15:15:11 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する