FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

下関半日観光
タクシーに乗り、最初に向かったのは「日和山公園」・・・
ここには高杉晋作の銅像が建っている。
正確には・・・銅像ではなく陶像らしいのだが・・・

294_convert_20111006212919.jpg

周囲には柵が巡らされ、樹木も植えられていて、近づくこともできず、枝が邪魔で、気に入ったアングルでの撮影ができない・・・参ったなぁ~(涙)
台座の裏の碑文もかすれていてよく読めない・・・
しかも、柵があり、木が植えられて、おまけに蜘蛛の巣まで張っている。(笑)
無理して近づいてスーツを汚したくないし・・・これでは碑文を読むことができない!
こういうことは、どこへ行っても度々経験するが・・・
碑文というのは、他人に読んでもらうためのものではないのか?
読めないような状態にするというのは、どういう神経なのだろうか?
腹が立つんだよなぁ~こういうの・・・
この「陶像」に関する「説明板」も設置されていない。
残念である・・・・

次の目的地・・・つまり、最終目的地は「日清講和記念館」であるが・・・・
拙者が史跡巡りが好きなんだと話したら・・・・運転手さんが「この近くに林芙美子の生誕地という神社がありますけど・・・」と言う。
じゃぁ、ちょっと寄ってみてよ・・・ということで、道草・・・・
運転手さんは「石碑しかないですよ」と言うが、その石碑が見たいのである。(笑)
こういうところは、趣味が同じ人じゃないとわからねぇだろうなぁ~

306_convert_20111006214223.jpg

運転手さんの言う通り・・・神社の脇に「林芙美子生誕地」と刻まれた石碑しかなかった・・・(笑)
どうもこの地区の自治会が建立したものらしいが、碑文はない・・・
林芙美子がどういう人だったのか・・・とかという説明板が欲しいところである。
なんでそういうものを設置しようとしないんだろう?
あ~残念である。

午前11時少し前に「春帆楼」に到着・・・
「日清講和記念館」というより、「春帆楼」と言ったほうが運転手さんには通じやすい。
この「春帆楼」は日清講和会議が行われた会場であるが、建物は変わったが、いまでも割烹(?)旅館として営業をしているようである。
いっそ、ここに宿泊すればよかったか?
いや・・かなり高いんだろうなぁ~(笑)

339_convert_20111006215239.jpg

ここには、伊藤博文と陸奥宗光の胸像が建っている。
この銅像の写真を撮影して、隣にある「日清講和記念館」を見学。
記念館は観覧無料で無人である・・・・
小さな「資料館」なので、あっという間に見終わってしまうが・・・
内部には、講和会議の時に使われたテーブルや椅子が、会議当時を復元して展示されていた。

329_convert_20111006220043.jpg

20分もかからず見学終了!
この「春帆楼」のすぐ隣の敷地に「本陣・伊藤邸跡」という史跡がある。
伊藤博文の屋敷跡なのかと思ったらそうではない。
下関の名家で本陣も兼ねていた伊藤家の跡だそうで、ここに坂本龍馬が寄宿していたという。
へぇ~・・・・である。(笑)

さて・・・これからどうしようか・・・
昨日、ここの前を長府から下関に向かって歩いたが、その時は、もう周囲は真っ暗だった。
が・・・それでも歩いたおかげで、おおよその位置関係や距離は理解している。
下関駅に向かって歩き・・・
「赤間神宮」に寄ってみる事にする。

349_convert_20111006222426.jpg 352_convert_20111006223200.jpg

この「赤間神宮」は安徳天皇をご祭神としているそうで・・・・
境内には「平家一門の墓」もある。

355_convert_20111006223442.jpg

さらには・・・
「耳なし芳一」のお堂もあった。
どうも、ここは昔、阿弥陀寺と呼ばれていた場所で、そこに芳一という琵琶法師がいたそうである・・・
あ~あの「耳なし芳一」のお話の・・・
が・・・しかし、まてよ・・・
昔、島根県の松江に行った時に、宍道湖の湖畔の公園の中に「耳なし芳一」の銅像があったような・・・
写真を撮らなかったのは失敗だったが・・・たしか・・・銅像があったよなぁ~
あれは・・・「耳なし芳一」だったよなぁ~・・・ただの琵琶法師の銅像じゃなかったよなぁ~
あれは何であそこにあったんだっけ?
小泉八雲?・・・小泉八雲が書いた話の中に出てくるんだっけ?
「耳なし芳一」と松江って・・・何の関係があるんだっけ?
まぁ~いいかぁ~・・・・難しいことは・・・・わからん・・・(笑)

360_convert_20111006224626.jpg

境内の小さな資料館を覗いて・・・・
自販機で飲み物を買い・・・一服!
時刻は11時45分・・・・
さて・・・もう少し時間があるぞ・・・これからどうしようか・・・
スポンサーサイト





旅行 | 11:24:58 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する