FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

お土産の大人買い?
293_convert_20111006193127.jpg

ホテルの朝食は・・・「フグ雑炊」!
拙者は洋食党なのだが、今回は特別である。
昨日チェックインの際、フロントの女の子のご推薦をいただいた。
朝から雑炊というのもなぁ~とは思ったが、限定20食か25食で、「是非!」と言うので頼んでみたのである。
で・・・これがなかなか美味しい!
いやぁ~満足!満足!(笑)

ホテルをチェックアウトして・・・・
今日は半日だけ下関を観光して、午後には福岡県北九州市の小倉に移動する予定。
下関なんて、たいして見るところはないだろうからと、1泊2日にしたのが間違いだった。
まだまだ見ていないところがある。
今日は歩いて・・・というわけにはいかない。
時間がもったいない・・・急がねば!

が・・・その前に、お土産を買わねば!(大笑)
戦友会の“おじいちゃん”“おばあちゃん”や遺族会の方等々にお土産を送らねば・・・
これは拙者の旅行の「恒例行事」である。(笑)
昨日、下関に到着したときに駅構内のお土産屋さんを覗いて、目星は付けておいた。
昨晩は、ホテルの部屋で一筆箋に「お手紙書き」である。
で・・・まずは、駅構内のお土産屋さんへ・・・
「あら、昨日来た方ですよね?」
「はい、昨日は下見です(笑)・・・・これ、15箱ください。宅配便で送れますよね?」
「送るんですか?」
「はい、全国各地に・・・」
「え?別々のところにですか・・・宅配便代がかなりかかると思いますけど・・・」
「はい、わかってますよ・・・いつものことですから(笑)」
レジのところの机を借りて送り状を書きまくる。
見かねて店員さんも手伝ってくれる。(笑)

「この手紙をそれぞれの箱に貼って送ってくださいね」
「いいですけど・・・あらら・・・こんなに・・・」
「手紙を付けないと、何でお土産が送られてきたのかわからないんですよ。みなさんお年寄りだから(笑)」
「全国各地に送るんですよね?」
「うん、愛知県でしょ、奈良県でしょ、大阪府でしょ・・・・」
店員さんも宅配便の料金表を見るのに大忙し・・・(笑)

「これ・・・かなり料金がかかりますけど・・・いいんですか?」
「はい、いつものことです」
「はぁ?いつもこんなに買うんですか?」
「これでも今回は少ないほうです(笑)」
「へぇ~」
「え?15箱も買う人って珍しいですか?」
「まず、いませんねぇ~(笑)」

実は・・・おじいちゃん達や知人の住所は持参してきたのだが、一部の友人達の住所が書いてある手帳を忘れてきてしまったのである!(大笑)
そのため今回はお土産を送る先が少ないのである。
通常なら、こんなものでは済まなかったりするのである。(笑)

「あのぉ~お支払いはカードでしょうか?現金でしょうか?」
「へぇ?どちらでもいいですけど・・・カードよりは現金のほうがいいですか?」
「そりゃもちろん現金のほうがいいです!(大笑)」と女子店員。
「でしょうねぇ~(大笑)」

「それにしてもねぇ~・・・」とこの店員さんは、さっきから呆れている。
「そんなに珍しいですかね?」
「はぁ~」
「この人は、92歳でしょ、この人は90歳、この人は・・・88歳かな?」
「へぇ~」
「みなさんご高齢ですからね~楽しみがないでしょ?そこへ突然宅急便が!・・・って、これ、楽しいでしょ?」
「そりゃそうですけど・・・ねぇ~・・・」

今回は下関だし・・・奮発して「フグの一夜干し」!
昨晩、同じ製品ではないとは思うが、どういうものか夕食の時に食べてみて、これなら高齢者にも大丈夫だろうということで、これに決めた。
中国産のものはちょっと安いが、中国産では申し訳ない。(笑)
やっぱり、ちょっと高くても国産じゃないとね!(笑)
結局・・・もう1回、旅行ができるくらいのお金がかかってしまった!(大笑)
生前、母から「お前は経済観念がない」とよく言われたが・・・
確かに・・・ない・・・(笑)

拙者にとってはお金の問題ではない。
楽しければ、それでいいのである。(笑)
以前、お送りしたある方からは・・・
「こんな美味しいものを息子夫婦なんかには食べさせたくないので、ばあさんと二人でコッソリ頂いています」というお礼状をいただき大笑いした。
もう、その様子が目に浮かぶようである。(笑)
これが楽しんだよねぇ~
こうなると・・・辞められなくなるのである。(大笑)
これは病気である・・・・

これがいつまでも続くわけではない・・・・
みなさんご高齢である・・・・
毎年、何人かがお亡くなりになる。
そのうち、お土産を送ってあげたくても、送る相手がいなくなるだろう。
そう思うと、今しかない・・・と思うのである。

さんざん、おしゃべりしながらお土産の発送手続きを済ませ・・・・
タクシー乗り場に急ぐ。
今日は半日しか時間がないのである!
タクシーを利用して素早く移動せねば!(笑)
スポンサーサイト





旅行 | 10:27:08 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する