FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

京都の旅(6)
DSC03756.jpg
(八坂の塔)
『八坂の塔』というのは『法観寺』というお寺の五重塔のことらしい。
この敷地内に木曽義仲の首塚があったのには驚いた。
木曽義仲のお墓は滋賀県大津の義仲寺にあるんだけど・・・
首がここにあって、胴体があっちにあるのか?
この五重塔の内部に入れるので入ってみる。
五重塔の内部を見るのは初めて。
2階まで登れるので構造の一部も見学できる。

さて、ここを出て、ブラブラと坂を下りる。
“シミズ君”から六道なんとか・・・っていうところの話を聞く。
この世とあの世の境がどうとか、こうとか・・・
よくわからないのだが・・・この近くらしいので、その六道何とか・・・というところに向かう。
が、しかし・・・『水戸藩士』の道案内であるから・・・
「どこ?どの辺り?」
「え~と・・・・わからない」(笑)
しばらく歩くと寺らしきものが・・・
「あそこじゃないのか?」と拙者。
「そうですね。あそこです!」と『水戸藩士』
しかし・・・
「おい!建仁寺って書いてあるぞ!」(笑)
「あれぇ~?建仁寺でしたか~」
おいおい・・・『水戸藩士』を頼った拙者が甘かった。
やっぱり、地図とかガイドブックっていうのは必要だわぁ~。

いいや。六道なんとか・・・・っていうところは諦めて、ここを見よう!
DSC03757.jpg
(建仁寺)
敷地内に『道元禅師・修行の遺跡』や『栄西禅師茶徳顕彰碑』があった。
栄西が、この建仁寺を創建したらしいのだが、説明板には「明庵栄西(みんなんようさい)と仮名が振られている。栄西は「えいさい」と読むと思っていたのだが・・・
どちらが正しいのだろうか?

『建仁寺』は建物の中には入らず、庭だけを見て出る。
そろそろ帰ろうか?
「そうですね。じゃ、祇園の方に出てタクシーを拾って駅に行きましょう!」と『水戸藩士』
というわけで、歩き始めたのだが・・・
「この道でいいのかな?」
質問した拙者が馬鹿だった。
「さぁ?初めて歩く道なので・・・知りません」との答えが返ってきた。
唖然・・・・
祇園ってどっちだよ~(泣)
言ってるほうもいい加減なら、聞いてるほうもいい加減という珍道中。
とにかく大通りに出てタクシーを拾って京都駅に向かう。

『水戸藩士』と『脱藩浪士』の二人旅は無事予定通り(?)に終わった。
思いがけず非常に充実した旅だったのだが・・・

実は拙者が出かける4日前から拙者の親父はどこかに旅に行って不在だった。
ところが拙者が帰宅してみると・・・
親父が『生八橋』を食べている!
ゲゲッ!
親父は、どうやら京都に行っていたらしい!
“シミズ君”の、いいかげんな道案内のおかげ(?)で路地裏をウロウロしたことが良かったのかも。
観光名所を巡っていたら親父にバッタリ会っていたかもしれぬ。
京都で親子の対面なんぞはしたくないわい!
あ~危なかった!危機一髪である。
知らぬが仏とはまさしくこの事ぞ!
改めて“シミズ君”に感謝!感謝!
スポンサーサイト





日記 | 21:05:30 | Trackback(2) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

建仁寺山号 = 東山(とうざん)|宗派 = 臨済宗建仁寺派大本山|本尊 = 釈迦如来|創建年 = 建仁2年(1202年)|開基 = 源頼家、栄西(開山)|正式名 = 東山 建仁禅寺|別称 = |札所等 = 京都五山三位|文化財 = 風神雷神図(国宝)方丈、勅使門、絹本著色十六羅漢像16幅ほか(重 2007-07-29 Sun 05:22:21 | 京都探索どっとこむ
法観寺法観寺(ほうかんじ)は京都市東山区清水にある臨済宗建仁寺派の寺院。山号は霊応山。通称、八坂の塔と呼ばれる。寺で残されているわずかな建物の中で五重塔だけが目立って大きく周辺のランドマークとなっているためである。五重塔は592年聖徳太子が如意輪観音の夢の 2007-07-29 Sun 06:59:00 | 京都探索どっとこむ