FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

大風呂敷の巨人 後藤新平
大風呂敷の巨人 後藤新平

高橋通泰 著
平成18年4月29日発行
あべ印刷(株)
定価:1,000円

後藤新平と母
  新平の腕白
  新平と高野長英

寺子屋と後藤新平
  寺子屋と後藤新平(上)
  寺子屋と後藤新平(下)

後藤新平と高野長英
  後藤新平と高野長英①
  後藤新平と高野長英②
  後藤新平と高野長英③
  後藤新平と高野長英④
  後藤新平と高野長英⑤
  後藤新平と高野長英⑥

異色の政治家
  須賀川時代に培った後藤新平の人生基盤
  台湾で広げた大風呂敷の中身
  台湾を近代化に導いた三大事業と三大専売法

現実を見据えた政治家―後藤新平と斎藤隆夫―

「後藤新平と台湾」
  19世紀と台湾協会
  新平の基本的な思想
  新平の植民地政策

後藤新平と満鉄
  後藤新平と満鉄①
  後藤新平と満鉄②
  後藤新平と満鉄③
  後藤新平と満鉄④
  後藤新平と満鉄⑤
  後藤新平と満鉄⑥

後藤新平 大風呂敷
  後藤新平 大風呂敷①
  後藤新平 大風呂敷②
  後藤新平 大風呂敷③
  後藤新平 大風呂敷④
  後藤新平 大風呂敷⑤
  後藤新平 大風呂敷⑥
  後藤新平 大風呂敷⑦
  後藤新平 大風呂敷⑧
  後藤新平 大風呂敷⑨

同じ話が何度も出てくるので、とにかく読みづらい本である。(笑)
しかも同じ話なのだが、内容が微妙に違うのである。(笑)
「おわり」に著者が書いているが、どうも地方紙に連載していた記事をそのまま本にしたようである。
本人も「かなり重複した箇所がでてしまいました。読みにくいとは思いますがご容赦のほどお願いいたします」と書いているほどである。
著者自身が自覚していて出版しているんだから・・・参った。(笑)
確かに・・・重複が多すぎる。
どうも最初から出版を意図して書いた文章ではないとのことであるが・・・・
それにしても、もう少し要領よくまとめ直せなかったものだろうか?
残念である。

後藤新平は大風呂敷を広げる男という評価を受けている面がある。
確かに、スケールが大きすぎるので、そう言われても仕方がないのだが・・・
ただ無責任にデカイことを言っているのではない。
将来を見越した計画を立てて、それに関わる予算をキチンと見積もると、とんでもない金額になるだけなのである。
大事なことは、その先見性・・・・
彼のその先見性に基づいて計画をすると・・・そういうことになってしまうということ。

さて・・・今回の震災の復興・・・・
後藤新平が今、生きていて、復興計画を立てたらすごいことになるだろうと思う。
国家予算何年分もの計画を立ててしまうかもしれない。
で・・・多分、いや、間違いなく誰からも相手にされないだろう。(笑)
しかし、実行すれば間違いなく何十年の後にも役に立つものを作り上げることが出来るのである。
この人の10分の1のスケールでもいいから、そういう人物がいないのだろうか?

後藤新平の「大風呂敷」は、ただの「大風呂敷」ではない。
こういう「大風呂敷」が広げられる人・・・いないかなぁ~



今年の読書:62冊目



スポンサーサイト





読書 | 16:05:44 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する