FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

手紙が届く
今日は、各地から戦友会関係者からのお手紙がまとまって届いた。
偶然なのだろうが、こういうことは、なぜかよくあるのである。(笑)
部隊も違うし、戦友だったり遺族だったり・・・なのだが・・・
なぜか同じ時期に届くことがある。

その中に宮澤さんの奥様からのお手紙があった。
お電話でもお話ししたが、わざわざお手紙で、宮澤さんの最期の御様子を詳しくご報告して下さった。
奥様の手を握ったまま眠るようにス~ッと息を引き取ったという。
あ~良かった・・・・苦しまず、痛い思いもせず、穏やかに旅立たれたようである。
もう会えないのは悲しいが・・・・
戦死した戦友の分も生きて96歳まで生きたのである。
そして、穏やかにス~ッと息を引き取ったとは、なんと幸せな最期だろう。
なぜか「ご苦労様でした」という言葉が頭に浮かんだ・・・・

奥様はお手紙で、あの世で戦友たちと再会して、御無沙汰を謝しているかも・・・と書いておられていたが・・・
拙者も絶対先に亡くなった戦友と再会していると信じたい。
再会をして大いに語り合っていると信じたい。
しかし、20歳そこそこで戦死した人と96歳の“おじいちゃん”の再会・・・・
どんな様子になっているだろう・・・と思うと、つい笑ってしまう。
戦友は当然だが、上官よりも年上なのである。
奇妙だろうなぁ~(笑)
宮澤さんは照れてるだろうなぁ~
「いやぁ~お恥ずかしい~」の連発かなぁ~
戦友も「おい!宮澤!」って言いづらいだろうなぁ~
相手は96歳だからなぁ~(笑)

色々なことを想像してしまい・・・・
泣き笑いしながら手紙を拝読する。
スポンサーサイト





日記 | 11:54:27 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する