FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

懲役2年6ヶ月?
生後2か月の長女を虐待死させた25歳の母親に判決が下った。
求刑懲役7年に対し、懲役2年6ヶ月だという。
いやはや、人間の命も安くなったものである。
それとも、生後2か月の赤ん坊だから安いのか?

こういう女は死刑にしてしまえ!
・・・と言いたいところだが、そうもいくまい。
我が子を虐待死させるなんて言語道断である。
(ちなみに、他人の子ならいいとは言ってはいないよ・・・笑)
そもそも、子供を産む“資格”がない人間なのである。
こういう場合は・・・懲役ではなく避妊手術を施すべきである。
二度と子供が産めない体にして社会に戻すべきである。
ついでに、保育士などには就職できないように制限もすべきである。

懲役2年6ヶ月は軽い刑だという気はするが・・・
2年6ヶ月も我々の税金でこの女に飯を食わせるのか?
それも嫌だなぁ~
こういう女の食事代を我々が持つの????
即刻手術を施して社会に戻した方がいいんじゃないの?

判決後、裁判官は「長女が生きた意味をよく考えて、新しい生活を送ってください」と諭したという。
“よく考える”能力がないから我が子を虐待したのではないか?
“新しい生活”をするなら、二度と子供が産めない体になって新しい生活をすべきである。
それぐらいの代償は払わせるべきだと思う。
スポンサーサイト





エッセイ | 22:32:26 | Comments(2)
コメント
ご無沙汰しています。
ゆきたんくでございます。
記事を読ませていただきました。

軽いですね。
日本ってそう思います。

加害者の人権については結構守られている。

被害者や、被害者に係わる人達の人権は遊びの道具のようになっていますよね。

少年で殺人を犯したもののプライバシーは守られる。
当然、重兵衛様が言われているように、税金で生活(衣食住の保障)も成り立っている。
 被害に遭われた方々の生活は、それはひどいものになりますがその保障はない。

 罪を犯した人間に課せられる代償は大きくないと意味がないと思います。特に肉親に害が及んだ場合は・・・
2011-08-14 日 19:27:15 | URL | ゆきたんく [編集]
Re: タイトルなし
お久しぶりです!
残暑お見舞い申し上げます!
いやぁ~毎日暑い日が続いてくれてますねぇ。(笑)

日本という国はどこかおかしくなっているんじゃあるまいか?
気候も何もかも・・・(笑)
殺された人が殺され損みたいなことでは、裁判の意味がないと思うんですよねぇ。
いっそのこと、仇討法を復活してもらいたいという声が上がってもおかしくないと思いますね。
肉親の場合は、アメリカだったら第1級殺人かな?
かなり重い罪なんでしょ?これ・・・
どうも日本はおかしいですよ。
確かに“軽い”ですね。
これは戦後の教育がマズかったのだろうか?
日本の大学の法学部では「ハムラビ法典」は勉強しないのかな?(笑)
目には目を、歯には歯を・・・が基本でしょ?
2011-08-15 月 17:23:16 | URL | 野牛重兵衛 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する