FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

お中元が届く
戦友会の会員である“イチノセさん”からお中元が届いた・・・・
ん?・・・何で?・・・・(笑)
差出人の名前を見て、すぐに我が戦友会の会員だということはわかったが・・・
今まで、お会いしたことはないし、お手紙のやり取りも、年賀状のやり取りもしたことはないし、お電話でお話しをしたこともない。(笑)

この時期、何人もの“おじいちゃん”“おばあちゃん”から「いつもお世話になっているから・・・」とお中元が届く。
拙者は特にお世話なんかした覚えはないが、面識のある方か、お手紙や電話のやり取りがある方である。
そういう“お付き合い”をしていることを“お世話になっている”というのであれば、そういうことなのかなぁ~と思うが・・・

“イチノセさん”は・・・・申し訳ないのだが、お中元を頂くようなことをした覚えがないのである。
何かの間違いではなかろうか?(笑)
誰かと勘違いして、間違って拙者に送ったとか・・・・

取り急ぎ、お礼の電話を入れる。
と・・・「いつも戦友会のために頑張ってくれているから・・・」とおっしゃる。
で・・・ついでに、少々雑談・・・・
すると・・・「今年、92歳になります」と言う。
ギョェ~!!
そんなに御高齢な“おばあちゃん”だったのか!
知らなかったぁ~
とても90歳を超しているとは思えないお元気でしっかりしたお声である。

どうして突然、拙者にお中元を送ろうと思い立ったのだろうか?
理由は何であれ、拙者に送ろうと思って送ってくれたことは間違いないので、ありがたく頂戴することにする。
感謝、感謝である。
拙者はお中元やお歳暮というものを未だかつて誰にも送ったことがない。
そういう“風習”があまり好きじゃない。(笑)
その代り、旅先からお土産を送ることにしている。
お中元を送ってもらったから・・・といって、急いでお返しのお中元を送るというのはいかがなものだろうか?
拙者が送り手だったら、ちょっと気分が悪い。
送り返されたような気になるか、もしくは、お中元を催促したような気になる・・・・
だから、お返しは送らない。(大笑)
その代り、ある日、突然、お土産が届くっていうほうが面白いんじゃないだろうか?
「今、こういうところを旅してま~す!お土産で~す!」って手紙を添えて送る。
突然のお土産の方がお年寄りには刺激になるだろうし、喜んでくれるのではなかろうかと・・・勝手にそう決め込んでいるのだが・・・

さて・・・“イチノセさん”・・・
92歳かぁ~
今度、9月に福岡へ行く予定がある。
この時に、何かお土産をお送りしようと思うが・・・92歳かぁ~
なんとか、この夏は乗り越えて頂きたいものである。
9月までは旅行に行く予定がないのである。
お願いだから、拙者がお土産を送るまでは、お元気でいて欲しい!!
スポンサーサイト





日記 | 22:16:38 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する