FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

怖い人?
我が家から遠く遠く離れたところに・・・親父名義の土地がある。
今は空き地となっている土地である。
毎年、知人に草刈りを頼んでいるのだが、その知人が昨日我が家に報告に来た。
草を刈りに行ったら、すでに綺麗に刈られていて、車が数台駐車していたと言う。
ん?駐車場として貸してはいないが・・・
誰かが勝手に無断使用をしているようである。

というわけで・・・今日、親父と二人で確認に行く。
確かに見知らぬ車が3代とまっていた・・・
ん?この車・・・ナンバーが全て同じ番号なのである。
怪しい・・・(笑)
この手の車は非常に怪しい・・・(笑)
隣りにいつの間にか“××興業”という会社が出来ていた。
“興業”という名の会社は・・・よく“その手の”会社名に多い。(笑)
もしかして・・・とその会社に行き、社長を呼び出す。
と・・・茶髪に金のネックレスを下げた、いかにも・・・という社長が凄んで出てきた。
「あの~あそこの車・・・お宅のですかね?俺、地主なんだけど・・・」
と・・・「いやぁ~すみません!」といとも簡単に謝って来たのには驚いた。(笑)
不動産屋に確認したが、土地の持ち主が分からないというので、勝手に使っていたという。
そのうち、地主さんが現れるだろうから、その時に話をしたらいいとアドバイスされたという。
呆れた不動産屋がいたものである。

当初、チラリと凄みを見せていた社長だが・・・
申し訳ないが・・・拙者にはその凄みは通用しない。(笑)
親父は顔が引きつらせて、拙者の後ろに立って一言も言わない。(大笑)
で・・・当然、交渉役は拙者ということになる。
拙者は紳士ですから・・・(笑)・・・ニコニコと笑顔で接したのだが・・・
その方が怖かったのか?
社長さんはひたすら下手に出てきた。(笑)
「駐車場として使わせてもらいたいんですけど、如何なものでしょうか?」
ここで、偉そうにしてはいけない。
これは常識・・・・
親父はこいう時の対応を間違えて、相手が下手に出てきたと思ったら、急に態度が大きくなる。
そうなると、まとまる話もまとまらなくなる。
が・・・今回はさすがに大人しい・・・・(笑)
完全にビビッちゃっているのか?
「オヤジ!駐車場として使わせえてもらいたいそうだ・・・いいよな?」
親父は声を発せず、首だけを縦に振るだけ・・・(笑)
弱くなっちゃったなぁ~オヤジ・・・
80歳を過ぎると、こうも弱くなるものなのか?
昔はヤクザみたいな怖い親父だったんだけどなぁ~(笑)

とにかく、空き地を駐車場として正式に貸すことで基本的には話を決める。
あとは、間に不動産屋さんを入れて正式に契約書を交わすこととする。
で・・・無断借用に関しては不問とするが、その代り、草刈りなどの整備は全部そちらでやってくれるように頼む。
これで一件落着だ。
草刈りは馬鹿にならならない手間である。
他人に頼めばかなり金がかかる。
かといって、こんな遠くまで草刈りなんぞには来たくもない。(笑)

この社長さん・・・少し下手に出過ぎたと後悔したのだろうか・・・
ヤクザとの関係もあるようなことを匂わしてきたが・・・
拙者には、そういうことは通用しないんですけど・・・(笑)
もっと怖い思いをしたことがある拙者にとっては、ちょっとした凄みぐらいでは動じないのですよ。(笑)

帰りの車の中・・・親父は終始沈黙・・・(笑)
なんでそんなにビビッているのだろう?
もしかして・・・拙者の“貫録”(笑)にビビッているのか?(大笑)

帰宅後、早速、不動産屋の“オザワくん”に電話して契約の件を相談する。
彼には“飲み会”で世話になっているから・・・大した仕事ではないが、仕事を回そう・・・
ん?逆に迷惑か?(大笑)
スポンサーサイト





日記 | 20:39:42 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する