FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

27年ぶりの井の頭公園
今日は、妹の「ライブ」を聴きに上京する。
ライブは夕方なので、それまで時間を潰すことにしたが・・・・
どこへ行こうか決めないまま上京してしまった。
ライブは西荻窪・・・
近くで時間潰し・・・と考えて、思い立ったのが吉祥寺・・・・(笑)
井の頭公園にでも行ってみるか・・・
ということで、井の頭公園に向かう。

この公園・・・・久し振りである。
初めて来たのは、高校を卒業して、東京の予備校に通っていた浪人時代。
18歳の“浪士”だったわけだ。(大笑)
高校の後輩の女の子が拙者に会いに上京し、初めてデートをした場所である。
が・・・どこを、どう歩いたのやら何を話したのやら全く覚えていない。
公園の景色すら記憶に残っていない。
行ったことは確かなのだが・・・・
この井の頭公園でデートをするとアベックは別れることになるという話を聞いたのはずっと後のことである。
たしかに・・・拙者と彼女は結ばれることはなかった。
だから・・・今も、拙者は独身なのだ。(笑)
2度目に来たのは大学1年の時のこと。
入学早々、同級生と来たのだが、これまた公園の記憶がない。
記憶にある景色は、公園の入り口の狭い路地。
夜だったと思う。
何かの祭りを見に来たのかもしれない・・・・
この狭い路地で、同じ予備校に通っていた女の子とすれ違った。
口をきいたこともないし名前も知らないが、可愛い子だったのでよく覚えていた。
彼女はどこの大学に合格したのだろう・・・と思ったことを覚えている。
人ごみの中ですれ違った彼女の横顔が今も脳裏に焼き付いている。
彼女はどうしているだろうか?
彼女も51才なんだろうねぇ~今では・・・
3回目に来たのは大学4年生の時のこと。
大学の後輩と二人で体育祭をさぼって、ここに来たような記憶がある。
男二人で・・・ボートに乗って弁当を食べた記憶がある。
今思えば、男二人でボートに乗るなんて汗顔の至りである。(みっともない・・・笑)
が・・やはり公園の景色は全く記憶がない。
彼は現在、奈良県の大和郡山市に住んでいる。
平成19年に大和郡山市の郡山城を訪れた時に彼のことを思い出したが・・・
彼の住所も電話番号もメモしてこなかったので連絡を取ることが出来なかった。
眼と鼻の先に来ているのに会えなかったのは今でも残念である。

で・・・今回が4回目の訪問・・・27年ぶりである。
公園の中をスーツ姿でウロウロ歩き回る、その姿は異様だったかも・・・(笑)
いくら歩き回っても何の記憶もない・・・・
拙者はかなり頭が悪いのだろう。
普通は、何かしら一つくらい思いだしてもいいはずなのだが・・・
池があることくらいしか記憶がない。
公園がどういうレイアウトなのかも記憶にないのだから重症である。

DSCF2788_convert_20110720212808.jpg

今回、絶対過去には行っていない場所・・・井の頭自然文化園の中の彫刻園へ行ってみる。
ここは井の頭公園のはずれにあるので、絶対行ったことはないはずである。
行ってみたら、やたらと家族連れが多い。
どうも動物園みたいな感じになっているようなのだ。
拙者が興味があるのは彫刻の方・・・・
園内に孔子、加藤清正、日蓮などの銅像がある。
また、野口雨情の書斎である「童心亭」が移築されている。
おお、意外にも充実した時間を過ごせた。(笑)

帰る途中、喫茶店で一服・・・・
店を出る時に、お店のマスターから「お仕事ご苦労様です」と声を掛けられた。
う~ん・・・なんだろ・・・これ?
拙者は私服の警官じゃないんだけど・・・(大笑)

まだ、時間があったので、駅前の古書店を覗いてみる。
で・・・これは水戸藩士の“シミズくん”にいいんじゃないか~という古書を見つけたので、早速お土産として購入する。
ついでに、自分用に2冊ほど購入・・・・いきなりカバンが重くなった・・・・(笑)
危うく、今日、上京した目的を忘れるところだった。
急いで西荻窪へ向かう。
スポンサーサイト





日記 | 20:38:02 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する