FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

義援金をどうしよう?
我が母校の大学から同窓会の茨城支部に義援金が送られて来たと支部長からお電話をいただいた。
拙者は昨年から副支部長に就任したが、支部長からお電話をいただいたのは初めてのこと。
義援金をもらったが、どう分配すべきかという相談の電話・・・・
なかなか難しい問題である。

拙者の意見は・・・・
まず、支部の会合に毎回参加されている会員の中で被害に遭っている方がおられるか・・・
おられれば、その方に最優先に差し上げればいい。
そういう方が一人しかおられなければ、その方に全額渡してもいいのではないかとさえ思っている。
なにも、茨城県出身の卒業生全員に“平等”に分配する必要はないのではないか?
義援金を受け取れる“資格”を、どう決めるか・・・
当然悩むところであるが、拙者の基準は明快なのである。
支部のために貢献している人、支部の集まりに参加している人にその権利を与えるべきである。
支部に渡された義援金なんだから当然ではないか?
なにも“平等”に分ける必要はない。
支部の会合に顔を出さない人にまで渡す必要はない。
拙者は“極論”をぶち上げる性格なので、ついつい“自信を持って”言っちゃったけど・・・(笑)
筋から言ったら、絶対、そうだと思うんだよなぁ~
たとえ、あとから、一部の人だけがもらったと批判を受けても毅然たる態度を取るべきだと思うんだよなぁ~
「じゃぁ、あなたは支部のため今まで何をしてきたのか?」と反論すべきである。(笑)

具体的にどうするかは後日、改めて決めるとして・・・・
取りあえず、支部の役員、会員の被害状況の情報収集に当たることにしようということで電話を切る。
スポンサーサイト





日記 | 11:15:00 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する