FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

伯父さん宅を弔問
お寺の告別式から戻り、今度は親父の兄(伯父さん)の自宅へ親父を連れて弔問に向かう。
取りあえず住所は聞いていたので、グーグルの地図で場所を確認・・・・
車のナビを設定して、出発・・・・

手ぶらで弔問というのも、如何なものかと思い・・・・花屋さんに立ち寄り、お供え用に花籠を作ってもらう。
こういう弔問の礼儀作法というのを拙者は知らない。
だいたい、親父がそういうことをしない人なのである。
だから教えてくれる人がいないのだから仕方がないが・・・・
今更、世間知らずの親父を責めても仕方がない・・・・
自分で勉強するしかない。
で・・・花屋の“おばさん”に相談をして、花籠を持参することにした。
案外、お花を持参して弔問する人は少ないので、ご霊前の花が少なくて淋しいことがあるから・・・というのである。

住宅団地の中の家を探すというのはなかなか大変で・・・・
1本、道を間違って行ったり来たりしたが、なんとか無事に到着できた。(笑)
同居している長男である従兄と会うのも何十年振りか・・・・
親父同士が仲が悪いと従兄弟同士の交流も出来ないのである。
花を持参して来て正解だった!
花屋の“おばさん”の言うとお、伯父さんの枕元には花籠が1つだけ供えられているという淋しい状態・・・
従兄が「おお!やっぱり従兄弟同士だよなぁ~、花の選び方が同じだよ!いやぁ~ありがとう!」と喜んでくれた。
花を持ってきて良かった・・・・
少しは枕元が飾られる。
が・・・他の親戚は何も持ってこなかったのだろうか?
うちの親父だけを除け者にして、兄弟姉妹で温泉旅行やゴルフコンペなどを毎年やっていたらしいが・・・
そういう付き合いをしていながら、花も供えないのか?

何十年ぶりかで従兄弟同士でおしゃべりをする。
伯父さんともおしゃべりをしたかったなぁ~と亡骸を見て思う。

で・・・葬儀の予定の確認・・・・
出棺の時の集合時間等を確認したが、どうも従兄の歯切れが悪い。
どうも他の親戚に気兼ねをしているような気がする。
つまり、うちの親父が来たのでは面白くないらしい。
で・・・出来るだけ一緒にいる時間を短くしたいという感じが伺われる。
“仲良しグループ”だけで、早目に集まり楽しくやろう・・・ということなのだろう。
当初言われた集合時間が一転二転・・・・
この時間の前には絶対来ないでくれというのだから怪しい・・・(笑)
まぁなんと我が親父の哀れなことよ・・・・
スポンサーサイト





日記 | 23:43:11 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する