FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

魔群の通過
魔群の通過―天狗党叙事詩 (文春文庫)魔群の通過―天狗党叙事詩 (文春文庫)
(1990/04)
山田 風太郎

商品詳細を見る


不動産屋の“オザワくん”から紹介された本・・・・
水戸藩の天狗党、諸生党の乱の天狗党の話しである。
「最後がすごいんですよ!」と言われたが・・・
読み終わって・・・どこが凄かったのか分からない・・・(申し訳ない・・・笑)
どうも私はかなり頭が悪いようだ。
2回以上読んでみないとわからないかもしれない・・・(笑)
面白かったか退屈だったか・・・と問われれば、面白かったのだが・・・

(みなと)に天狗(てんぐ)がいるわいな

わたしゃ立つ鳥 波に聞け

水戸(みと)の天狗に刃向かう奴(やつ)

気は圧す四囲十万の軍

筑波(つくば)を出(い)でて幾夜か寝(ね)つる

幾個(いくこ)の男子これ丈夫

ここはいずこぞみな敵の国

勝敗曷(いずく)んぞ極まりあらん

討つも又(はた)討たるるも又(はた)



今年の読書:47冊目

スポンサーサイト





読書 | 21:17:06 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する