FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

義援金?
今日は、日立駅前の大通りで、青年会議所のメンバーがもちつき大会を開くそうだ。
例年、市が主催している「さくらまつり」は震災のため中止となったそうで・・・・
青年会議所の連中が搗いたモチを配布して義援金を集めるというメールが“オザワくん”から届いたので、行ってみる。

駅前通りは歩行者天国になっていたが人影はまばらである・・・
親子でキャッチボールをしている馬鹿がいる。
歩行者天国でキャッチボールをするとは非常識だと思うのだが・・・・
こういう非常識な親に育てられたのでは子供はまともに育つわけがないな・・・・

青年会議所のメンバーの中に水戸藩士の“シミズくん”を発見・・・
からかったら、「新聞記者が来ているんですから余計なことは言わないでください」と注意された。(笑)
暴言と失言の多い拙者にポロッとしゃべられてはマズイらしい。(笑)

早速、搗きたての餅を頂く。
「で・・・いくらなの?」と白々しく募金箱を抱えているメンバーに声をかける。(笑)
「いくらということはないです。お気持ちで結構ですので、募金をお願いします」
「おお、わかった。じゃぁ、1円ね」と、募金箱に1円玉を1個だけ入れる。
と・・・嫌な顔をされた・・・(大笑)
「あれ?いくらでもいいって言ったよね?1円でもいいんだよね?」
「はぁ・・・まぁ・・・」
「じゃ、1円ね・・・じゃぁね~」
「エッ・・・・」
帰るふりをして、「冗談だよぉ~」と言って財布の中の小銭を追加で入れたが・・・・
いくら入れたのやら・・・・(笑)
500円玉も入っていたから・・・・800円以上は入れちゃったかな?
で・・・気がついた!
拙者はコインパーキングに駐車したのである!
ここで100円玉をみんな入れたのでは、車を駐車場から出せない!!
しまった!やっちまったぁ~!!

だいたい、「お気持ちで結構です」というくらい迷惑なものはない。
拙者にとっての“気持ち”は1円なのである。
この「義援金」・・・・どこへ持って行くのか聞かなかったけど・・・
多分、日本赤十字あたりに渡すんだろう?
なおさら1円しか出す気は起らないな・・・・
拙者は日本赤十字を信用していないのだ。(笑)

その昔・・・青年会議所の役員として日赤の献血のボランティアを担当したことがある。
茨城県は献血率が全国的にもワーストの順位に入っているので、呼び込みを頑張ってくれと頼まれた。
が・・・彼らはお昼になると休憩してしまうのである。
献血をしてくれる人は昼休みを利用して来てくれるのに、その時間に自分たちも食事に出かけてしてしまうのだ。
「お昼時間をずらしてもらえませんか?」と言ったが、「規則ですからダメです」とそっけない。
「お昼を食べるなとは言いませんけど、1時間ぐらいずらせないですか?」
「規則ですから・・・」
「12時ちょうどに昼飯を食わなければならないという規則なんですか?」
「・・・・・」
「12時から1時にかけてが献血してくれる人が一番多く集まるんですよ。お昼は1時からでもいいんじゃないんですか?」
「でも、規則ですから・・・・」
カチ~ン!!なんだ、この野郎!
・・・と喧嘩になった。
それ以来、拙者は個人的に日赤の献血活動には協力しないことにしたのである。
本気で血液を集めようとしない連中のために、なんで我々が協力しなくてはならないのだ?
こちらは昼飯抜きである。
テントに残って、やってくる献血者に「午後1時までお休みです」をお知らせし、「せっかく昼休み時間を利用して来たのに・・・1時からじゃ仕事が始まってしまうじゃないか・・・何考えてんの?」と文句を言われ、ひたすら謝る。
で・・・当の日赤の連中は食事のため不在・・・・
なんで、俺たちが怒られなくっちゃならんのだ?

一事が万事・・・・であるから・・・・
義援金もどうなるか分かったものではない。
管理費だの人件費だのに使われてしまうんじゃないのか?
義援金ともなれば、正確な金額などこちら側が確認することは出来ないのだから、少しくらい着服や横領等をしても誰も気がつくまい?
1000億も集まったら、そのうちの1億や2億を着服しても誰も気がつくまい?(笑)
だから・・・正直な気持ちは・・・日赤に渡す義援金なら1円で十分なのである。
が・・・青年会議所のメンバーには申し訳ないので、まさか1円というわけにもいかない・・・・
仕方がないので、少し多く入れたが・・・気持ちはスッキリしない。
義援金ではなく、「東北の被災地へ救援物資を運ぶので、そのガソリン代をカンパしてください」と言われれば気持ちよく1千円でも入れたんだけど・・・(1千円じゃ・・・セコイか?・・・笑)

近くの居酒屋では、外に椅子とテーブルを出して開店していた。
そこにメールをくれた“オザワくん”などが集まっていたので、そこに加わり、日向ぼっこしながらおしゃべりをする。
拙者は車で来たので、酒を飲むわけにはいかない・・・ウーロン茶で付き合う。(笑)

帰りに花屋に立ち寄り、花の苗を買って鉢に植えて、崩落した塀のところに並べる。(笑)
崩れて基礎部分だけが残る塀というのも、寂しいものである。
花で飾ってやろう・・・・(笑)
スポンサーサイト





日記 | 22:45:20 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する