FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

爆弾発言?
昼から法人会の理事会・・・・
この震災で、いつもの会場であるホテルは使用できないということで、商工会議所会館の会議室を使うことになったという。
こちらは、天井のパネルが落ちたりしたらしいが、使用には問題ないらしい。
昼食は仕出し弁当・・・・
まだ物流が完全に復旧していない中、弁当を作るというのも大変な苦労だっただろう。
業者さん、ご苦労様である。
いつもとは違った気分でありがたく頂く。

DSCF2729_convert_20110629141955.jpg

今回の理事会は今度の総会にあがる議題の審議である。
が・・・いつもとは内容が少し違う。
今度、「社団法人」から「公益法人」への移行手続きの議案が含まれているので盛りだくさんである。
「公益法人」に変えるというのは、実はいろいろと問題があるのだが・・・
理事会はいつも通り、何の質問も何の意見も出ない。
いくらなんでも、これでは問題だろう。
で・・・拙者が質問の手を挙げた。
が・・・事務局の回答がなんともわかりづらい。
これでは「わかりました」と引っ込むわけにはいかない。
重苦しい沈黙・・・・
と・・・“ケムちゃん”が拙者を“掩護射撃”するため手を挙げた。
が・・・この質問で、更に会議が紛糾してしまい、収拾がつかない。
“火付け役”は拙者である・・・・(笑)
回答する側がシドロモドロになってしまったのでは収拾がつかない。
結局、今回の理事会では結論がつかず、次回、理事会を改めて開いて審議し直すということになる。

通常は、昼食を食べて、事務局の読み上げる議案を聴いて、何の質問も意見もせず、数秒後には拍手で承認。
いわゆる“シャンシャン”の会議なのである。
これが“常識”となっている中、手を挙げて質問したのだから拙者が周りから白い目で見られたのは当然かもしれない。
が・・・こんなことでいいのか?
全員が会社の経営者なのである。
つまり、大きくても小さくても、一城の主であり、リーダーである。
その人たちが集まって議案を見ても、何も疑問に思わない、質問もしない、意見も言わないとはどういうことか?
明らかにおかしいと思うものには質問や意見を言うのは当然ではないか?
わからん・・・・

拙者は実質、廃業している。
この理事会の“お偉いさん”の中には、拙者の会社の「お得意様」だった方もいる。
しかし、今はもう取引はないから・・・遠慮する必要はない。(大笑)

会議後、婦人部会の“おば様”たちから「あの質問はよかったわよ。当然よね。あれはおかしいわ」と言われる。
「それじゃ、一緒に意見を言ってくれればよかったのに・・・」と言ったら、「私は“女”だから・・」と言われてしまった。
おい、おい、いざとなったら“女”を持ち出すのかい!(笑)
その気持ち、わからんでもないが・・・困ったものである。

何も考えず安易に何でもかんでも承認してしまうと、結局あとで自分の首を絞めることになると思うのだが・・・
拙者は理事会の“テロリスト”になってしまったようである。
ちょっと悲しい・・・・
スポンサーサイト





日記 | 14:28:46 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する