FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

宅急便が届く
東京に住んでいる妹から宅急便が届く。
ようやく宅配便が「動く」ようになったのである。

今まで、全国各地から、お電話やメールで「救援物資」のお申し出を頂いていた。
本当にありがたいお申し出である。
感謝、感謝・・・・である。
が・・・全てお断りした。
決して「世話になりたくない」ということではない。
拙者としては、この不便な生活を、もう少し楽しみたいのである。(笑)
こういうことは、なかなか経験できないものである。
自分から進んで不便な生活をしたいとは思わないが・・・(大笑)
降って湧いて来たような、この「不便」・・・・
折角の機会である・・・楽しまねばもったいない!

そういうことでお断りしたのだが・・・
別の見方をすれば、折角の「御親切」を拒否するんだから、こんな失礼な話はないかもしれない。
ここは素直にお申し出を受けておくべきだったか・・・
実は少々悩んでいる。

妹の場合・・・
彼女の友人たちからは「実家の方はどうなの?」と散々心配されているという。
拙者が「サバイバルごっこ」を楽しんでいるのは知っている。
また、拙者の事は心配していないそうだ・・・・(笑)
問題は、親父・・・・
「兄に任せていますから」では、友人たちが納得しないらしい。
なんと冷たい娘なのか・・・という目で見られてしまうから・・・ということらしい。
で・・・「救援物資」が送られてきた。(笑)
まぁ、これは仕方がないよなぁ~身内だし・・・・

「救援物資」を送られてきたのはいいが・・・
急に生活が“豪華”になってしまった!(笑)
普段の食生活よりよくなってしまったのである。
今までの我が家の食生活はどんなものだったのか・・・と思われてしまうが・・・
こりゃ、贅沢だ・・・(笑)

拙者が海外へ行く時には、親父には缶詰やインスタントラーメン、レトルト食品を買いこんで置いて行く。
で・・・食べきれなかった分は、帰国後、親父と拙者で食べる。
で・・・まもなく、また拙者は海外へ・・・・
また、缶詰とインスタント食品とレトルト食品を買い込む。
この繰り返し・・・・
つまり・・・我々父子は普段から「非常食」「救援物資」を食べているのである!(大笑)

送る側からすると・・・・
取りあえずの“粗末”な「救援物資」のつもりなのであろうが・・・
拙者からすると・・・普段と変わらないのである。(笑)
普段食べている物とは違うメーカーのもの・・・というだけで急に“豪華”になってしまうのである。(笑)

この話をしたら、妹に呆れられた・・・・(大笑)
スポンサーサイト





日記 | 21:15:49 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する