FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

お墓巡り・・・
ホテルをチェックアウトして・・・・
そのまま帰るのでは、もったいない・・・(笑)
上野周辺を散策することにする。

最初に行ったのが、上野公園近くの不忍池にある弁天島。
ここには過去何度も訪れている。
最初に来たのは・・・・高校生の時か?

続いて谷中の方へ向かい、ブラブラと散策・・・・

天眼禅寺・・・・
ここに太宰春台(だざいしゅんだい)という人の墓がある・・・と都の教育委員会の説明板が建っていたので覗いてみる。

DSCF2700_convert_20110613213334.jpg DSCF2702_convert_20110613213752.jpg

「太宰春台」って人は・・・太宰治の親戚かと思ったらそうではない・・・(笑)
江戸時代中期の儒学者なのだそうだ。

次に訪れたのは、一乗寺・・・・
ここに太田錦城(おおたきんじょう)という人のお墓があると、教育委員会の説明板が建っていた。
で・・・ここも覗いてみる。

DSCF2704_convert_20110613220054.jpg DSCF2705_convert_20110613220427.jpg

この「太田錦城」という人も、江戸時代中期の儒学者・・・・
偶然とはいえ、儒学者のお墓に2つも出会うとはねぇ~
どういうことなんだろうか?

で・・・更にブラブラと適当に歩く・・・
辿り着いたのが感応寺・・・・
ここには台東区教育委員会の説明板が建っていた。
渋江抽斎(しぶえちゅうさい)という人のお墓があるというので、またまた覗いてみる。(笑)

DSCF2708_convert_20110613221153.jpg DSCF2709_convert_20110613221444.jpg

この「渋江抽斎」という人も儒学者。(笑)
江戸末期の人で、医者でもある。
コレラにかかって亡くなったそうだ。

どうも谷中のお寺には儒学者のお墓が多いような・・・
いや、教育委員会が史跡として説明板を建てているから目立つだけなのか?(笑)

なんだか今日は儒学者のお墓巡りで終わってしまったような・・・・

午後3時発の特急で帰宅する。
なにせ、留守番をしている親父の夕食を考えてやらねばならぬ。
・・・と、なると、そうそう遅い時間の電車で帰るわけにはゆかぬ。
駅弁を買って・・・これを今日の夕食とする。

DSCF2717_convert_20110613222523.jpg
スポンサーサイト





日記 | 21:17:40 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する