FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

戦友に会いに行く
さて、お昼は・・・・
タクシーの運転手さんお勧めのお店に向かってもらったが、残念ながら定休日!(笑)
このまま熊本市内に戻るのも・・どうか・・・・

実は、昨日、宇土にお住まいの戦友宅にお電話をして、御自宅を訪問する約束をしている。
熊本から電車で行ってもいいのだが・・・・
面倒臭がり屋の性格が頭をもたげ・・・・このままタクシーで向かうことにする。(笑)

移動途中、運転手さんお勧めの「ドライブイン・レストラン」で昼食をとる。
好物の「カツ丼」を頼む。

DSCF1824_convert_20110501214451.jpg

時刻は12時半。
戦友宅をお訪ねするのは午後2時・・・・
少し時間があるので、そのまま「宇土城跡」へ向かうことにする。

「宇土」というのは「うど」ではなく「うと」と濁らないらしい。
なんとも発音しづらい・・・(笑)
「松阪」も同様で、「まつざか」ではなく「まつさか」らしい。
これに匹敵するほどの発音のしづらさである。

で・・・「宇土城跡」・・・・
タクシーの運転手さんは宇土の方ではないので、宇土城跡がどこにあるのか知らないという。(笑)
「宇土城?宇土城ってどこにあるんですか?」って尋ねられてもねぇ~
拙者も初めて来たんだから・・・・知らない!(笑)

あのあたりではなかろうか・・・と適当に走り回る。
運転手さんは料金を気にしていたが、客の拙者は全然気にしていないんだから、おかしなドライブである。(大笑)

やっと見つけた「宇土城跡」・・・・
「ここが宇土城跡なんですか?」と運転手さんが呆れてた。(笑)
ただの公園である・・・・

DSCF1827_convert_20110501223937.jpg DSCF1828_convert_20110501224311.jpg

ここに小西行長の銅像が建っている。
この宇土城の城主である。
遺構として当時の石垣が一部残っていた。

案内板によると、この近くに「史跡宇土城」というのがあるらしい。
これまたややっこしい名前を付けたものである。
「史跡宇土城」は中世の宇土城らしい。
こちらの宇土城は「城山」とも言うらしく「宇土城(城山)」と記されている。
なんとかならんかね?ややっこしい・・・・・(笑)

DSCF1859_convert_20110501225422.jpg DSCF1872_convert_20110501225705.jpg

時刻は午後1時40分・・・・
ちょうどいい時間である。
宇土駅でタクシーを降りて、戦友から指定された地元のタクシーに乗り換え戦友宅へ向かう。
戦友は我が戦友会の戦車第6連隊の“マツモト”さん。
以前、お電話でお話しした時に、フィリピンでの従軍体験は話したくないとおっしゃっていた。
が・・・
「熊本に来ているんですけど~」とお電話をしたら「じゃぁ、遊びにおいで」と快く招いて下さった。
太平洋戦争開戦時からの歴戦の勇士である。
午後2時に到着したのだが、到着早々、どこかに電話をされた。
まもなく「うな重」の出前が・・・・
「あれ?お昼はまだだったのですか?」と尋ねたら「一緒に食べようと思って待っていた」と言う。
お昼にお邪魔しては申し訳ないと2時にしたのに・・・・(笑)
さぞかしお腹を空かしていたのでは?
逆にご迷惑をおかけしてしまった。
お昼御飯は済ませてきたが、ありがたく「うな重」を頂戴する。(笑)

お話しは軍隊に入って中国戦線で戦った頃がメイン。
本人がお話ししたいことだけを聞くと言うのが拙者のスタイルである。
こちらからは質問はしないことにしている。
事前に資料なども用意してお話しして下さるが、この資料が・・・すごい!(笑)
よくも、こういうものを残していましたねぇ~という資料である。
ご高齢なので1時間程度のお話しで・・・と思っていたが、“マツモトさん”は疲れ知らずでおしゃべりが弾む。

あっと間に外が暗くなってしまった!
まもなくお孫さんが帰宅。
「おじいちゃんが戦友が来るって大喜びだったんですよ」と言われる。
そう言われると嬉しいものである。
「お若く見えますが・・・あなたも戦争に行ったのですか?」の質問には参った。(笑)
「いや、行ってませんけど・・・」
「ですよね~・・・で・・・戦友なんですか?おじいちゃんがそう言ってるんですけど・・・」
「はぁ?戦友・・・まぁ、どういえばいいか・・・」
すると、“マツモトさん”が「ん?戦友だよ!スズキさんは戦友!俺の戦友だよ」と言う。(大笑)
「え~・・・だそうです。そう、戦友だとおっしゃるなら、戦友なんでしょう・・・ねぇ」と大笑い。

さすがに夕食時になって来たので、これ以上お邪魔しては申し訳ない。
このへんで・・・ということでタクシーを呼んでもらう。

ホテルに戻り、ホテルの周囲を散策して夕食場所を捜す。
2日目ともなると、さすがの方向音痴も、おおよその周囲の様子がわかるようになる。(大笑)

DSCF1879_convert_20110501232921.jpg
スポンサーサイト





旅行 | 21:31:14 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する