FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

ロット管理はしないのか?
福島第1原発の放射能漏れのおかげで、我が茨城県の農作物に「風評被害」が出ているという。
やっぱり、恐れていたことが起ったか・・・という思いである。
拙者個人の考えでは、これは「風評被害」ではなく「失言」による「人災」だと思うんだけど・・・
「健康に影響はありません」と言いながら不安感を煽ったんだから・・・
まぁ、それに乗った人も乗った人だが・・・・

ホウレンソウやパセリが出荷制限を受けたらしいが、全く問題がないサツマイモなど他の農作物まで、返品やら価格が暴落しているという。
「茨城産」というだけで・・・・

ところで、農作物には「ロット管理」という概念はないのだろうか?
我々工業系の部品製造業では「ロット管理」は常識である。
その生産「ロット」内で不良品・不具合品が見つかれば、その「ロット」は全て回収ということになる。
その前後の「ロット」も検査して、どの「ロット」から不具合品が出始めたのかを確定する。
この「ロット」以前の「ロット」には異常がないとなれば、それは出荷される。
我が社は自動車の部品を製造していたが、この「ロット管理」がキチンと出来ていないと、リコールがあった場合、いつ製造した車をリコール対象にしていいか分からなくなる。
リコール対象は何千台なのか、何万台なのか、何十万台なのか・・・
それによって補償額は全然違うのである。
だから、「ロット管理」には神経を使うのであるが・・・・

例えば、トヨタのプリウスの部品に不具合が見つかったら、その部品のロットから生産工程を辿ってリコール対象範囲を確定させるのが普通である。
この世の全てのプリウスをリコールするなんてことは絶対あり得ない。
ところが農業ではそれをやっちゃうんだなぁ~
全てがダメだと・・・・

農産物だって、最近は生産者の顔が見えるようなことをしていたではないか?
「この人が作ったトマトです」・・・・なんて・・・・
ある意味、「ロット管理」ではないか?
どこの畑で採れた作物を分析して暫定基準値を超える放射能を検出したのか具体的な話が全くない。
それで茨城県全部の農作物を推し量るのはおかしいのではないだろうか?
それでは、県境の場合はどうなんだ?
道の向こうが栃木県という場合・・・・
道のこっちは放射能に汚染されているが、道の向こうは大丈夫だと言うのか?
県境の栃木県や千葉県の物は大丈夫だと言い切れるのか?

各農家ごとの検査が現実に出来るかどうかはわからないが・・・
本来なら生産者ごとに検査して、「検査済み」のシールでも貼って出荷すべきではないか?
「県」という行政区分で、こっちの県のものはダメ、隣りの県のものは大丈夫・・・というのは明らかにおかしいのではないか?

農業にも「ロット管理」の考え方を取り入れるようにならないと、放射能ばかりではなく、今後何か起きた時には同じような騒ぎになるのではあるまいか?

県産の牛乳でも同じことが起こっている。
どこの牛の乳から放射能が検出されたのかは知らないけど・・・
全ての牛乳が・・・というのはいかがなものだろうか?
じゃぁ、牛を密かに群馬県にでも連れてって乳を絞ったら、「群馬県産」だからいいんだよね?(笑)
そういうことになるんじゃないか?
ん?どうなんだ?

この騒ぎが一段落したら・・・・
茨城産のものは他県には売らない運動をした方がいい。
「不買」運動ではなく、「不売」運動である。
茨城県産のものは茨城県人だけが消費する。
他の人には売らない!
「健康に影響はない」と言われていても毛嫌いしたんだからな・・・
そのくらいの「反撃」はすべきである。
食べ物を粗末にするとバチが当たるということを知るべきだ。
スポンサーサイト





エッセイ | 17:04:30 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する