FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

白団
白団(パイダン)―台湾軍をつくった日本軍将校たち白団(パイダン)―台湾軍をつくった日本軍将校たち
(1995/06)
中村 祐悦

商品詳細を見る


プロローグ バナナ船に潜んで密航した日本将校団

第1章 蒋介石への報恩のために
1 占領軍の臨検を逃れて結集した17名
2 潰走する国民政府軍とアメリカの失望
3 ある日本軍将官の冒険的な支援活動
4 金門島の防衛戦とマスコミ報道
5 「三国志」と密航秘話
6 終戦直後の蒋介石と岡村寧次
7 蒋介石による対日寛大政策
8 岡村寧次の戦犯無罪

第2章 大陸反攻のキーパーソンズ
1 円山での短期教育開始と陸海空聯合演習
2 朝鮮戦争とアメリカの再介入
3 蒋介石の「日本軍に学べ」
4 GHQに取り調べられた岡村寧次
5 影で支えた男たち―①富士倶楽部
6 影で支えた男たち―②神戸招商局
7 米国軍事顧問団と地下に潜行した「白団」

第3章 「白団」その教育の実際
1 円山軍官訓練団時代(1950~1952)
2 石牌実践学社時代(1952~1964)
3 陸軍指揮参謀大学時代(1965~1968)
4 湖口模範師団教育
5 動員教育と整備
6 海・空軍教育

第4章 無名英雄たちの足跡と台湾
1 大陸反攻作戦とJ・F・ダレス来台
2 日本軍システムの浸透と対日感情
3 戒厳令下をともに生きて

エピローグ 数奇な運命をたどる美麗島



今年の読書:15冊目

スポンサーサイト





読書 | 10:02:28 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する