FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

困った爺さま
夜・・・自宅の電話が鳴った・・・・
出てみたが、相手は自分の名前を言わないのである。
「どちらさまですか?」
「・・・・」
向こう側でテレビの音声が流れているのが聞こえるのだが・・・
あとは、ゴソゴソという雑音だけ・・・
「どちらさまですか?」
何度も尋ねたら、向こうでボソボソと何か言っている。
どこかの年寄りらしい・・・・
「で・・・どちらさまですか?」
「練習・・・練習・・・」
よく聞き取れない老人の声である。
「練習?」
「練習・・・・練習・・・」
練習って何だ?
なにをふざけているんだ・・・この野郎!
ふざけたことを言うジジイだ・・・・
怒鳴りつけてやろうと思った瞬間・・・・
「練習だよぉ~・・・エヘヘ・・・練習・・・」
「はぁ?・・・練習」
「そう・・・練習・・・」
「あれ???もしかして・・・お父さん?」
「エヘヘ・・・そう・・・練習だよぉ~」

親父かよ!!!(怒)
どこのボケ老人がかけてきたのかと思ったぞ!!
性質の悪い「オレオレ詐欺」かと思ったら、親父だった・・・(笑)

親父が自分の携帯電話を使って自宅にかけたのである。
しかも・・・自宅の茶の間で・・・
道理でテレビの音がうるさいと思った。
こっちはそんなことは知らないから2階の自分の部屋で電話を取ったのである。(笑)

どうも携帯電話のかけ方を忘れてしまったようで、不安になって練習のため自宅にかけたんだそうだ。
馬鹿か・・・(笑)
自宅の電話のベルが鳴ったら切ればいいものを、そのままいつまでも鳴らすから拙者が出てしまったではないか。
で・・・息子に電話に出られてしまい気が動転したらしい。(笑)
まぁ、他人の家や110番にかけるよりはいいが・・・・(大笑)

それにしても、年寄りというのは突然思いついて、おかしな行動をするものである。(うちの親父だけか?)
いやはや危ないところであった・・・・
もう少し気がつくのが遅れたら、「どこのジジイだ!」と怒鳴りつけるところであった。(大笑)

親父との二人暮らしは苦労が絶えぬわい!!
スポンサーサイト





日記 | 22:37:20 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する