FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

ブリスベン観光
DSCF1180_convert_20110228172005.jpg(ホリデイ・イン)

朝食後、時間があったので、宿泊先のホリデイ・インの周辺を散策する。

DSCF1181_convert_20110228173321.jpg(信号機!)

この信号機・・・・
歩行者用のものと自転車用のものが別々になっているのが珍しい。
ということは・・・
歩行者は赤でも自転車が青ということもあり得るということなんだろうか?(笑)
何だかよくわからんが・・・・
とにかく自転車用のものがあるということは、それだけ自転車に乗っている人が多いということか?

DSCF1179_convert_20110228174002.jpg(公衆電話)

公衆電話は、結構洒落たデザインだと思う。

DSCF1177_convert_20110228174456.jpg DSCF1183_convert_20110228174741.jpg

ホテルをチェックアウトしてバスで観光・・・・
何という名前なのか知らないが・・・(笑)
ブリスベンの小高い丘へ行く。
ここから町の全体を見学・・・・ただ、それだけ・・・(笑)

DSCF1191_convert_20110228175427.jpg

ブリスベンという町は、結構、平らな場所なんだ~ということが分かる。(笑)
ガイドの話によると、このブリスベンはイギリスで犯罪を犯した罪人の流刑地だったとか・・・・
ということは、ここの住民は犯罪者の子孫ということか?(大笑)
無実の罪で送られた人もいたそうだから、必ずしもそうとは言えないんだろうけど・・・・

続いて向かったのが「ローン・パイン」というところで、ここでコアラを見るんだそうだ。(笑)
お金を払えば、コアラを抱いて写真も撮ってくれるとか・・・・
まぁ、50歳の中年のやることではないなぁ・・・・(笑)

DSCF1199_convert_20110228180503.jpg

コアラの奴・・・・寝てばかりいて全然動かない・・・・(大笑)
本当に、こいつはコアラなのか?
「ナマケモノ」ではないのか?(笑)

ようやく「動いている」コアラを発見!

DSCF1211_convert_20110228181119.jpg DSCF1213_convert_20110228181420.jpg

コアラねぇ~・・・・
こいつのどこが可愛いんだろう????(笑)

さて・・・園内で各自自由行動となり、集合時間に集合場所に戻ってくること・・・とのことだが・・・
こういうのが一番危ない。(笑)
というわけで、拙者は園内をくまなく歩き回り、皆さんがどのあたりを散策しているのか、行動範囲を把握することにする。

その間、自分の「見学」もしっかり行なう。(笑)
お~!テレビでは見たことがあるけど、実物を見るのは初めて・・・というカンガルーを見る。
ピョンピョン飛び跳ねているのかと思ったら・・・・みんな大人しい。(笑)
が・・・ジッと、こちらを見られると飛びかかられるんじゃあるまいかと少々不安になったりする。(笑)

DSCF1217_convert_20110228182259.jpg

ここには色鮮やかな鳥もいる。
それにしても、この鮮やかな色は何だろう?
誰がこういう配色を決めたんだろうか?
神様か?(笑)

DSCF1215_convert_20110228182859.jpg

案の定、集合時間に1名が遅れる。
それから添乗員やガイドが騒ぐんだから・・・・彼らの神経がわからない。(笑)
拙者は園内の喫煙所でタバコを吸って一休み。
この喫煙所は園内通路の要衝にあるので、だいたいここを通過する仲間には、あと何分で集合時間ですよ~と声をかけていたのだが・・・・
こういうことをしておかないと、「迷子」「遅刻者」が何名出るかわからないのである。(笑)
拙者はトラブルを未然に食い止めることを考えるのだが、ガイドというのはトラブルが発生してから対処することを考える人種らしい。(笑)

昼食は園内の中にある温室のような建物の食堂で簡単なバイキング(笑)

DSCF1225_convert_20110301002206.jpg DSCF1224_convert_20110301002457.jpg

JTBの予約席のカードがテーブルにあったところから推測すると・・・・
どうして、シンガポールを経由して、更にブリスベンを経由してガダルカナル島へ行くという極めて常識外れの遠回りをする事になったのか・・・・その理由がわかるというものである。
つまり、旅行社としては、どこかで観光をどうしても入れたかったのだろう。
というわけで・・・このブリスベンで「強制的」に半日観光をする事になったのではあるまいか?(笑)
巡拝慰霊だけをしてさっさと帰られたのでは旅行社としてはメリットがないのだろう。
加えて10人以上(?)の団体でないと旅行の手配が出来ないと言われたというが、実際はそんなことはあるまい。
団体としてこういう場所へ連れてくることができないと旅行社としてはメリットが出ないというだけのことではないだろうか?
つまり、うまくJTBにしてやられたということだろう。(大笑)

食後、時間があったので売店を覗いてみる。
運良くステッカーを見つけたので自分用のお土産をゲット!
これで旅の思い出をスーツケースに貼ることが出来る。(笑)
日本人の女性店員がいたが、愛想がないのが残念であった。(大笑)

午後2時40分発シンガポール行きの便に乗るため空港に向かう。
あ~あ~また長時間のフライトか・・・・うんざりである。

DSCF1226_convert_20110301004224.jpg(ブリスベン空港)
スポンサーサイト





旅行 | 17:13:55 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する