FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

川口支隊の慰霊祭
午前7時、ホテルのレストランが開くと同時に朝食!
よくぞ早起き出来たものぞ・・・日本時間では午前5時だぞ。(笑)

DSCF0405_convert_20110112171933.jpg(朝食)

まずは、今日は昨日訪れた「川口支隊慰霊碑」の前で慰霊祭を執り行う。
日本大使館からも大使が参列してくれるとか・・・・
テントやら椅子やらの準備はホテルの日本人責任者の“ヤマガタさん”が手配して現地の人が準備してくれた。
我々は、少し早目に行って大使が来られる前に慰霊碑の廻りの準備をする。
「誰か何人か早目に行って手伝って下さい」とのことだが、「何人か」ではなく「全員」で行こうということになる。(当然である)(笑)

DSCF0416_convert_20110112173325.jpg

御遺族の方々が、遺影やお供え物を並べ、日の丸の旗や鯉のぼりなどで慰霊碑を飾る。
拙者は以前、三笠宮殿下からいただいた菊の御紋入りの“恩賜のタバコ”をお供えする。

日本の慰霊碑の横にはアメリカの記念碑(慰霊碑)もある。
これを無視するわけにはいくまい・・・・
日本人は日本の慰霊碑だけをお参りして米軍の慰霊碑には敬意を表しなかったなどと現地人に言われたのでは日本の恥である。
拙者はいつもそうしているので・・・
ここもお参りすべきだろうと、みんなに並んでもらったが・・・
副団長で僧侶である“フジさん”がいくら呼んでもこちらに来ない。
一応、アメリカの記念碑には一礼をするだけにしようということにしたが・・・
で・・誰が号令をかけるのか・・・
誰も号令をかけようとしないので、僭越ながら拙者が号令をかける。
「気をつけ!礼っ!」・・・・
どうしても拙者は軍隊式になってしまうのだ。(笑)
で・・・一礼して、敬意を表して解散しようとしたら・・・
“フジさん”がやって来て「それでは、お経をあげましょう」と言って読経がはじまった。
あらら・・・
やり直し?
さっきの“一礼”は何?
だいたい、アメリカ兵の霊にお経をあげてもねぇ~
どうなんだろう・・・これ・・・
“一礼”するだけでいいと思うんだけどなぁ~
完璧にタイミングを外している・・・(笑)
駄目だ・・・こりゃ・・・・

慰霊祭には研究の為ガダルカナル島に来ていた筑波大学の学生も飛び入り参加してくれた。
現地のオーストラリア人戦史研究家お二人・・・
どちらも“ジョンさん”というのだが・・・・
この方々を含めた現地の方々も参列して下さった。

DSCF0424_convert_20110112175915.jpg

慰霊祭が終わって、ホテルに戻る。
昼はホテルのレストランでとり、その後慰霊巡拝に出かける予定。
時間にかなり余裕があったので、慰霊祭の時にトランペットを吹いてくれた地元の警察官と、毎回この慰霊団のお世話をし続けているという“ダニエルさん”にコーラを御馳走してロビーでおしゃべりする。
正直言って、拙者はあまり英語は話したくない。
海外へ行っても出来るだけ“外人”との会話は避ける。(笑)
どうしてもやむを得ない時以外は会話をしないのだが・・・・
そういうことでは、いつまでたっても英語が話せるようにはならないよなぁ~(笑)
ということで・・・彼等に話しかけて、拙者の「英会話のお勉強」に付き合ってもらう。(大笑)
しかし・・・なかなかしゃべれないし、相手の話も聞きとれない・・・(涙)
トランペットを吹いてくれた警察官は、警察の吹奏楽を担当している警官らしい。
いわば、”軍楽隊”みたいなものか?
メンバーは30人ぐらいいるそうだが、今回、彼が一人で参加してくれたそうである。
で・・・普通の警官としての仕事は・・・
忙しいようだったら、交通警察の仕事をやることもあるとか・・・
驚いたことに、毎日仕事があるわけじゃないそうで、週に何日かしか仕事は無いらしい。
(・・・と言っているように聞こえた)(笑)
“ダニエルさん”からは「毎日話していれば、そのうち話せるようになるよ。2週間くらいここにいたら?」とからかわれる。

12時、ホテルのレストランで昼食。

DSCF0425_convert_20110112212306.jpg(昼食)
スポンサーサイト





旅行 | 17:11:49 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する