FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

「歩一の跡」碑
DSCF0302_convert_20101228233305.jpg

歩兵第一聯隊 碑誌

當公園一帯は江戸時代長州藩毛利侯の下屋敷であった
明治7年歩兵第1聯隊がここに創設され以来67年間東京および近縣の郷土部隊として明治大正昭和に亘って駐屯しこの門をくぐった人々は夥しい数にのぼる
乃木将軍は第2代の聯隊長であった
ここに出身者有志相集って本碑を建てて永くその跡を留める

昭和38年秋

(碑文より)



より大きな地図で 「歩一の跡」碑 を表示


DSCF0308_convert_20101228235022.jpg

赤坂檜町(あかさかひのきちょう)

古くは今井村のうちでしたが、寛永(1624年~1644年)以後、萩(長州)藩毛利家、松江藩松平家、山家(やまや)藩谷家(たにけ)の屋敷地となり、幕末まで大きな変化はありませんでした。
萩藩毛利家屋敷は元治元年(1864年)、幕府と萩藩が対立したため、召し上げとなっています。
町の北部に麻布(あざぶ)今井町(いまいちょう)年貢町屋がありました。
これはかつての今井村の百姓家に由来すると思われ、承応3年(1654年)頃にはこの町屋が今井村と呼ばれ、中心的な位置をしめていたようです。
明治5年(1872年)、麻布今井町年貢町屋と武家地を合併して、「赤坂檜町」となりました。
町名は毛利家邸内に檜が多く、檜屋敷(ひのきやしき)と呼ばれていたことに由来します。
明治になって、町内の南東部三分の二は陸軍省用地となり東京鎮台(ちんだい)歩兵営がおかれ、後に歩兵第一連隊となりました。
西部は明治20年(1887年)頃は、空き地や畑だったようで、明治末頃までには大部分が住宅地となり、北東隅(すみ)には、わずかに商店がありました。
戦後は、歩兵第一連隊が進駐軍に接収されハーディバラックスという兵舎となりました。
昭和37年、アメリカから敷地が返還され、跡地には平成12年まで防衛庁が置かれていました。

(説明板より)
スポンサーサイト





史跡 | 23:28:15 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する