FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

大丈夫か?海上保安庁
我が国の領海を守る海上保安庁・・・・
海難事故、災害での救助も行なう海上保安庁・・・・
その職員数は約1万2000名だという。
で・・・そのうちの約1万名が11のブロックに分かれて保安業務に当たっているという。
巡視船や航空機が24時間体制で業務に当たっているそうだが・・・・
周囲を海に囲まれているにもかかわらず、1万2000名ねぇ~
ちょっと、足りないんじゃない?
そんな人数で大丈夫なんだろうか?
年間予算は約1800億円だという。
海上自衛隊の最新鋭護衛艦であるイージス艦は1隻約2000億円といわれている。
海上自衛隊の護衛艦1隻分の値段にも満たない年間予算ってどうなのよ?
大丈夫かなぁ~
これでやっていけるのかなぁ~

“平和憲法”を後生大事に信奉している人が多いが・・・・
戦争放棄、国を守る“軍事力”を持たないっていうなら、海上保安庁を海上自衛隊なみの規模にして、海上自衛隊を海上保安庁程度の規模に縮小するのが筋ではあるまいか?(笑)
“市民運動家”と称する“平和主義者”は、どうしてそういうことを訴えないのだろうか?
不思議である。

外国船が日本の領海を侵犯した時に取り締まるのは海上保安庁だと思うが・・・
これが外国の軍艦の場合はどうなんだろう?
やっぱり海上保安庁の巡視船が対処するんじゃないのかな?
いきなり海上自衛隊の護衛艦が領海侵犯を阻止するということはないだろう。
更には武力に訴えてでも領海を侵犯した場合は?
この場合でも海上自衛隊が直接行動に出るというのは難しいんじゃないだろうか?
宣戦布告でもされたというなら別だろうが、そうでなければ法解釈や国民感情やらと、何だかんだで政治家も官僚もすぐには決断を下せまい。
1分、1秒を争うという時に法解釈やら合意やら手順やらでは・・・ねぇ~
となると、警察力としての海上保安庁に対処してもらうしかないだろう。
が・・・その海上保安庁の“戦力”が今のようなお粗末さでは・・・・ねぇ~
どうなのこれ?
いざという時・・・大丈夫?
スポンサーサイト





エッセイ | 03:24:53 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する