FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

反射炉
DSC06857_convert_20100925123729.jpg

茨城県指定史跡
那珂湊反射炉跡

幕末、那珂湊沖にも異国船が出没するようになり、水戸藩第9代藩主徳川斉昭が、海防の要を唱えて領内各地に砲台を築くため、大砲鋳造を目的として当吾妻台に建設したのが反射炉(大型の金属溶解炉)である。
建設にあたっては、薩摩藩士竹下矩方、三春藩士熊田宗弘、南部藩士大島高任らの協力を得て、那珂湊の大工飛田与七や瓦職人福井仙吉が尽力した。
安政2年(1855年)に1号炉(西炉)、同4年に2号炉(東炉)が完成した。
高さ約15m、使用された耐火煉瓦は約4万枚といわれている。
元治元年(1864年)元治甲子の乱で破壊され、昭和12年に現在の模型が、ほぼ原型どおりに復元された。

指定日 平成16年11月25日
設置者 ひたちなか市教育委員会

(説明板より)


より大きな地図で 那珂湊反射炉跡 を表示

反射炉〈1〉―大砲をめぐる社会史 (ものと人間の文化史)反射炉〈1〉―大砲をめぐる社会史 (ものと人間の文化史)
(1995/04)
金子 功

商品詳細を見る

反射炉〈2〉―大砲をめぐる社会史 (ものと人間の文化史)反射炉〈2〉―大砲をめぐる社会史 (ものと人間の文化史)
(1995/04)
金子 功

商品詳細を見る

スポンサーサイト





史跡 | 13:29:18 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する