FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

出版社からの電話
某出版社から何度かお電話を頂いていたのだが、丁度不在で、やっと今日になってお話が出来た。
以前、戦友会の会員から頂いた本の「読書カード」を送ったのだが、その件でのお問い合わせだった。
拙者が「読書カード」を送るなどというのは滅多にない。
カードを送ったことで出版社からお電話を頂いたことなど今まで一度もない。

お電話を頂いた時は一体何事だろうかと思ったが・・・・
出版に値するような原稿を何か持っていないかという問い合わせであった。
残念ながら、拙者は原稿を書いたことがない。
ホームページには何だかんだと色々書いているが原稿用紙に何かを書くということはない。
「小説なんかはどうですか?」とも尋ねられたが・・・・
構想だけは持っているが・・・・筆不精ゆえ全く取り組んでいない。
駄目だねぇ~
普段から何か書いていないと・・・・
「こんなの書いてみたんですけど、どうですか?」ってな具合に話が次に展開しないではないか。

お忙しい中、拙者の雑談にお付き合いいただいたが、何のお役にも立てなかった。
申し訳なし。

少し真剣に原稿を書くことを考えてみるか・・・
スポンサーサイト





日記 | 10:45:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する