FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

マニラに戻る
今日は、一気にマニラに戻る日である。
超強行軍である。

朝食は各自、部屋の前のテラスでとるということにする。

DSC04400_convert_20100514181113.jpg
DSC04402_convert_20100514181342.jpg

朝食は、トーストとお粥である!
すごい取り合わせである!(笑)
和洋折衷というか・・・何というか・・・
更に笑っちゃったのが・・・これ・・・

DSC04403_convert_20100514181721.jpg

お粥用のスプーンは・・・ドラエモンである!(大笑)
で・・・デザートのお皿は・・・クマのプーさんである!(笑)
とてもホテルの食器とは思えない。(笑)

DSC04404_convert_20100514182133.jpg

パイナップルのデザート付とは豪勢な・・・と思ったが・・・
思い出した!
昨日“ステラさん”が買ってくれたパイナップルである!(笑)

8時前にはチェックアウトして、いざ出発!
この方面は、拙者は初めて来た場所。
北部の山岳地帯だから、さぞかし峻険な山々が迫る平地の殆どない場所だと思っていたが・・・
意外や意外、広大な平野が広がり、一面に田んぼが見える。
あらら・・・穀倉地帯?
こういう平地があったとは知らなかった。
現地に来て見てみないと分からなものである。

だから・・・なのか・・・
一瀬部隊の属する第103師団はこの周辺の対空配備についていたという。
米軍がパラシュートで前線の後方に降下するのではないかということでの配備だったようだ。
これだけの平地があれば、パラシュート降下の可能性は十分考えられるなぁ。
が・・・まもなく、米軍の降下の可能性がないということで、一瀬部隊は南下して前線に向かうことになったようである。

DSC04405_convert_20100514183155.jpg

この時期、北部ルソンは異常気象のせいで干ばつだという。
トウモロコシ畑などが枯れてしまっているという。
と・・・いうことは・・・家畜の飼料の値段が上がってしまうから、そのうち豚肉も鶏肉も値上がりするだろうとのこと。
なるほどねぇ~
確かに、枯れているような畑も車窓から見受けられた。

DSC04409_convert_20100514200711.jpg

今日は、ただただマニラに向かって帰るだけなので、その途中、途中で、慰霊碑を立ち寄りながらのドライブを企画した。
本来の目的である慰霊を無事終えることが出来て気分的には楽である。
名残惜しいが・・・小隊長殿たちとはお別れである。
英霊の皆さんは喜んでくれたかなぁ~・・・とフト、思う・・・・

車は昨日通ったと同じルートでマニラに向かうことになる。
で・・・まずは、途中の「オリオン峠」にある慰霊碑をお参りすることにした。
ここに慰霊碑があることは、以前から知っていたので、是非訪れたかった場所である。
来る時に“ステラさん”が慰霊碑の場所を見落としてしまい通過してしまったので帰り道に立ち寄ることにした。

DSC04417_convert_20100514201704.jpg DSC04418_convert_20100514201954.jpg
(オリオン峠に向かう道)
スポンサーサイト





旅行 | 18:08:18 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する