FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

その資料を押さえろ!
“シミズくん”が旅行のお土産を持って我が家に来た。
生まれて初めて飛行機に乗って宮崎へ行って来たという。
今時、飛行機に乗った事がないというのも珍しいと思うが・・・(笑)
鉄の塊が空を飛ぶことが信じられないらしい。
拙者の知人の中に、そういう人は・・・彼の他にもう一人いる。
久しく見かけない“ウオちゃん”である。(笑)
頭の良い人というのは困ったものだ。
鉄の塊が空を飛ぶことが信じられないというのだから。
こういうものは・・・本気で考えてはいけないのである。(笑)
理屈は抜きにして・・・空に浮かぶんだから、それでいいじゃないか?(笑)
地に足が付いていて安全だと思っていても、歩いている時に事故にあって死ぬことだってあるのだ。
飛行機が落ちたらどうしようと考えるのは、地下鉄に乗っていてトンネルが崩れて生き埋めになったらどうしようと思っているのと同じではなかろうか?(笑)
不思議なことに墜落の心配をする人は多いが、生き埋めの心配をする人は皆無である。(笑)
どうしてなんだろう?
地中を歩くのも怖いと思うのだが・・・

で・・・ついでに夕食を一緒に食べようということになる。
で・・・先ほど知人宅を訪問して不要になった書物を大量にもらってきたという。
校長先生のお宅らしいが、建て替えるので、父親の蔵書などを処分する予定らしい。
「近衛部隊って何ですか?」と唐突な質問。
「何で?」
「校長先生宅に近衛部隊の資料があったんですけど、近衛部隊って何でしょ?」
「へっ?まさか・・・その資料も処分するつもりじゃあるまいな?」
「いや、処分するそうですよ。ねぇ、キンポって何ですか?近歩!」
「近衛歩兵連隊だけど・・・まさか、本当に処分するのか!それ!」
「そう言ってましたけど・・・」
「まてぇ!ちょっと待ったぁ!それ、今からその家に行ってもらってきてくれ!」(笑)
もう食事どころではない!
明日、家を取り壊して、その時に不要なものは処分してしまうらしいのだ。
明日というわけにはいかない。
明日では遅い。
今晩中に・・・もらって来い!(笑)
急ぎ、連絡を取ってもらい近衛歩兵連隊関係の資料を取りに行ってもらう。(笑)

それにしても、なんたることぞ!
親父が死んだからと言って、家族がこうやって貴重な資料を捨てていくのである。
日本全国で、戦後65年の間、こういうことが続けられていたのだ。
あ~なんたることぞ~
校長先生ともあるお方が・・・・
が・・・どうもこの校長先生・・・理数系のため歴史には興味がないとのことらしい。
日本人の歴史的資料に対する無知、軽視には腹が立つぞ。
これも戦後教育の過ちの一つであろう。
その教育を受けた人間が貴重な資料を廃棄してしまうのだ。
嘆かわしい・・・・
が・・・これも何かの縁というものか・・・危機一髪で資料の廃棄を食い止められた。
とてつもない幸福感、満足感。(笑)
そりゃそうだ、拙者は命令しただけである。(笑)
まぁ、夜だというのに失礼も省みず資料をもらい受けに行った“シミズくん”は御苦労さまであった。(大笑)
感謝、感謝・・・
スポンサーサイト





日記 | 21:13:19 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する