FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

大捜索?
“ハシモトさん”は無事にオプショナルツアーに間に合って、出かけて行った。
拙者は、マッサージを呼んで、のんびり過ごすことにする。

夕方、外から電話が入る。
見知らぬ女性からだが、流ちょうな日本語を話す。
彼女が言うには、我々が米海軍基地内で行方不明になり、米海軍や日本領事館、ホノルル警察が我々の捜索をしているという。
やっぱりね・・・・
こういう騒動に発展するだろうなぁ~とは想像していたが・・・・(笑)
で・・彼女は、今回の“事件”の報告書を海軍に提出しなければならないので・・・ということで電話をかけてきたという。

で・・・いきさつについて日本語で話をしたのだが・・・
彼女が「あなたがたはV.I.P(ビップ)なんですよ!そのあたながたが行方不明になったので大騒ぎなんです!」と言われた途端に・・・カチ~ン!!
なぬ?我々がV.I.Pだって?!
冗談じゃない!
「あの・・・ベリー・インポータント・パースンの意味分かってますか?我々が“ビップ”のわけがないでしょ?」
「いいえ、あなた方は“ビップ”なんですよ。だから司令官も皆さん心配されて大騒ぎなんです」
ムカムカ!!(笑)
しかし、ここから先は彼女は日本語がよく分からないと言って英語で話し始めた。
向こうは簡単な日本語ならできるが、難しい話は英語じゃないと無理。
拙者は簡単な英語は出来るが、難しい話は日本語じゃないと無理。(笑)
難儀なことである!(笑)

しかたがない、相手に合わせて英語で話すしかない・・・・
「我々は招待状ももらっていませんけど・・・」
「招待状がないのは当然です。それが“ビップ”です」
「招待客名簿にも載っていませんでしたけど・・・」
「若い兵隊が担当していたんでしょ?その人のミステイクです。ちゃんと名簿には載っていたんですよ」
「なんで“ビップ“が一番後ろの席に座らされたんですか?」
「あれもミステイクです」

アリゾナ記念館へ向かう一番最初のボートに乗らなかったことに関しては・・・・
「あなたがたは“ビップ”ですから乗る事は出来たんですよ!みなさん、あなたがたのことを知っていたんですから!」
「ほぉ~司令官も?」
「そう、司令官もあなた方の事を知っていたんです。だから司令官が心配しているんです。」
「でも、紹介されませんでしたけど・・・」
「自分から話しかけないと駄目ですよ。みなさん、そうしているんですよ」
「“ビップ”なのに紹介してもらえないの?そんな“ビップ”ってあり得ないんじゃないの?だいたい、IDカードもないんですからね。自分の身分を示すものが何もないじゃないですか?」
「IDカード?そういうものがないのが“ビップ”なんですよ」

この野郎!頭に来た!(怒)
“ビップ”って言えば日本人は喜ぶと思っているのか?
すくなくとも拙者はそういう日本人ではない!
火に油を注ぐとは、このことぞ!
完璧に拙者はキレたぞ!

「ミスター・ディマジオの対応がおかしいじゃないですか?コソコソして・・・ちゃんとエスコートしない。それは“ビップ”に対する態度ですか?」
「あのですね!ディマジオは、あなたたちのガイドじゃないんですよ!」
「ガイドじゃない?そんなことは知ってますよ!“ビップ”ならエスコートするのが当然でしょって言っているんです!」
「あの人はシャイなので・・・・」
「はぁ?恥ずかしがり屋だからエスコートせず我々を放り出したって言うんですか!」

話せば話すほど腹が立つ!

「あのね、私は10月にフィリピンの式典に日本代表として一人で参加したんですよ!その時は間違いなく“ビップ”扱いでした。ちゃんと市役所の職員がエスコートしたしね!そういうのが“ビップ”というのです。なんですか?ハワイでは“ビップ”の意味が違うんですか?」
この話をしたら、途端に相手が動揺しだした。
「フィリピンに日本を代表して・・・行ったんですか?」
「そうです。私はフィリピンでは“ビップ”なんですけど!」(笑)
相手が大げさに言うなら、こっちも少し大げさに言ってやれ!(笑)

拙者は最初から謝ろうという気はない。
こういうことになるだろうことは、想定済みである。(笑)
どうせだから、もっと問題を大きくしてやれ!(笑)
「大変迷惑をおかけしたので、今から海軍基地に行って司令官に謝ります」
「いえ、それは必要ありません」
「なんで?司令官は我々の事を知っているんですよね?大変心配をしているんですよね?謝りに行くのは当然でしょ?」
「いや・・・その必要はないです・・・」
「あっ、ホノルル警察にも行きましょう!警察にも迷惑をかけたんですから・・・」
「いや、その必要もないです」
「なんで?日本人としてそういうわけにはいきません。私は日本人です!迷惑をかけたんですから今すぐ謝りに行きます!」
「報告書を出せば済むことですから・・・ただ、あなたがたが無事にホテルに戻っているならそれで構いません」
「へぇ~私は嫌だな。アイムソーリーって言いに行かないと・・・」(笑)
もう、相手もタジタジであるのが電話から手に取るようにわかる。
もっとイジメてやろうか?(笑)

結局、先方が報告書を出すので、それだけでお咎めなしとなる。
その「報告書」なるものが本当かどうかはわからないが・・・
「じゃ、これ以上問題はないね?」ということで、電話を切る。
何だかんだで1時間半も英語で“議論”してしまった!
相手は拙者をナメてかかっていたのだろう。
まさか、軍司令官に会いに行って直接謝るなんて言われるとは思ってもいなかっただろう。
実際に行ったらもっと問題はこじれただろう。
だって、どう考えても彼女の言っていることは嘘なんだから・・・
わざと大げさに騒いでいるだけである。
司令官が我々の事を知っているわけがない!(笑)
普段は気の小さな拙者であるが・・・・(笑)
頭に血が上ると・・・・なにをしでかすかわからん男なのである!(笑)

隣で電話のやり取りを聞いていた“ハシモトさん”がこう言った・・・・
「さすがすごいですねぇ~一歩も引きませんね~でも、言っていることは私が聞いていてもまともなことですから・・・まさしくあなたの言うとおりですよ。間違っていませんよ」
ん?あれ?
“ハシモトさん”は英語が全然できないって言っていたはずなんだけど・・・・
なんで拙者の英語が理解できたの?(笑)

アメリカ人相手に一歩も引かないと誉められたことを喜ぶべきか・・・・
英語がわからない人でも理解できる英語を使っていた語学力のなさを悲しむべきか・・・
複雑である。(笑)

夜遅く、ホテルのマネージャーから電話が来る。
マネージャーも心配していたそうだ。
「いやぁ~ご迷惑をおかけして申し訳ございません!アイムソーリー!アイムソーリー!」
拙者は誰にでも謝らないというわけではない。
こういう時は、すぐ謝っちゃう!(笑)
「いや、無事でしたら問題はないです。では、おやすみなさい」・・・・
はぁ?それだけ・・・?
拍子抜けである。
だいたい、最近のホテルはカードキーだから困る。
便利ではあるが、こういう時は不便である。
昔のようにフロントでキーを受け取る形であれば、部屋に戻っているのか外出しているのか一目瞭然である。
わざわざ夜遅く、確認の電話という手間をかけさせてしまい恐縮である。
申し訳ない・・・・
スポンサーサイト





旅行 | 22:01:43 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する