FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

バスに乗る!
さて、バス停まで来たけど・・・・
バスってどうやって乗ればいいんだろ?(笑)
バス停には日本のように親切な路線経路や時刻表があるわけじゃない。
そういう意味では、日本は几帳面な国である。(笑)
何番のバスに乗ればいいんだ?
自分のホテルが建っている通り名を知らないから「~通りを通りますか?」という質問が出来ない。(笑)
料金は、バス停で同じようにバスを待っている人に教えてもらう。

何番だか番号を忘れたが、バスが来た・・・・
このバスで大丈夫だと“ハシモトさん”が言うのだが・・・・どうも怪しい・・・
本人が運転手に確認したら大丈夫だと言っているというので乗ってはみたが・・・不安は拭えない。(笑)
英語が出来ないという“ハシモトさん”が運転手に英語で聞いたというのだから・・・(失礼!大笑い)

DSC03836_convert_20100204134946.jpg(バスの中)

バス料金は、どこまで行っても一律である。
日本のように距離によって料金が変わると頭が混乱するし、小銭が心配でハラハラするが・・・
一律なので乗る時に支払う・・・が・・・
2人で4ドル何セントかなのだが、5ドルしか持っていなかったので5ドル出したら、運転手に「おつりは無い」と軽く言われた。(笑)
まぁ~大した額じゃない・・・・よかろう・・・(笑)

車内で写真を撮っていたら、同じバス停から乗った外国人(アメリカ人?)のアベックから「写真を撮ってあげる」と言われて、“ハシモトさん”とのツーショットを撮ってもらう。
いやぁ~こういう旅先で会う人との和気あいあいというのは楽しい。(笑)

DSC03839_convert_20100204135743.jpg(注意書き)

車内に日本語で注意書きが貼られている。
ガイドブックにも書いてあったのだが・・・
どうも日本人観光客は「優先席」に座って、年寄りや障害者に席を譲らないのでひんしゅくを買っているらしい。
というわけで・・・日本語で注意書きが書かれているのだ。
なんとも恥ずかしい話ではないか!
だいたい、ハワイにチャラチャラと遊びに来るような奴にまともな奴はいないのだが・・・・(笑)
まあ、優先席についつい座ってしまう気持ちがわからないでもない。
どこで降りればいいかわからないので不安で仕方がない。
となると・・・出来るだけ運転手に近い席に座りたくなるのは人情だ。
だが、バスの前の方の席は、優先席なのである。
で・・・ついつい優先席に座ってしまうのであろう。

「このバスで間違いないです」という“ハシモトさん”と少々意見が対立したが、とにかく向かっている方向は間違いないらしい。
が・・・どこかの大きなショッピングセンターのところでバスが止まったらみんな降りていく・・・・
車内に残ったのは我々2人・・・・
ん?あれ?(笑)
当然、ホテルの近くまで行くのだろうと思い、そのまま座っていたら・・・
運転手が何か言っている。
が・・・よくわからない・・・・
3回ほど言われてようやくわかった!
「終点です!」
ギョェ~!!!
2人で大笑いである。
いやはや、なかなかバスを降りない“間抜けな中年日本人観光客”に運転手も困惑したであろう。
申し訳ない!

乗り換えをする時は、乗り換え用のチケットを運転手からもらう。
これを次のバスに乗る時渡せば、改めて料金を支払う必要はない。
その昔、甥っ子を連れて長崎を旅した時に路面電車で同じようなことをしたことを思い出す。
あれと同じだな・・・・過去の経験は役立つものである。
ということで、運転手からこのチケットをもらい、ついでに何番のバスに乗り換えればいいか、今度は拙者が聞く。(笑)
バス停には時刻表がないので、いつバスが来るのかがわからない。
午後からの“ハシモトさん”が参加するオプショナルツアーに間に合うかが心配。
タクシーでホテルまで行ってしまおうかと思うのだが、“ハシモトさん”は了解してくれない。
お金がかかるから・・・ということらしい。
拙者は多少お金がかかっても、時間の方を優先となるのだが・・・・
こういうところが価値観の違いで対立する所である。

さて・・・ここからの問題は、どこで降りればいいのか・・・である。
拙者は基本的にホテルの周辺をウロウロ歩くのが好きである。
これは、万が一に備えて、ホテルの周辺の地理を把握しておくためである。
タクシーで帰るにしても、おおよそホテル周辺の様子を知っていれば、とんでもない場所へ連れて行かれることもない。
危ないと思ったら、そこで降りてしまえば、あとは歩いてホテルに帰れる。
だから、周辺の景色は自分で歩き回って頭に入れておくのである。
今回も、やっておいたので、どのあたりで降りればいいか、だいたい見当がついた。
無事、ホテルに到着!

昼食だが・・・・
“ハシモトさん”は昨晩持ち帰って来たステーキ肉があるので、それでいいという。
で・・拙者はホテル内のスターバックスのようなコーヒーショップに行きサンドウィッチの昼食を一人でとる。
ここには1日に1~2回、一人でコーヒーを飲みに来るので店員達とは顔なじみ。(笑)
気さくな連中なので楽しい・・・・
スポンサーサイト





旅行 | 21:30:50 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する