FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

水沢の旅
今日は、水沢の町を散策する。

まずは、ホテルの近くの「大安寺」に行く。
ここに高野長英の墓がある。
ここには留守氏の墓所もあるが、ちょうど墓所を整備している最中のようで、どの墓石が誰なのかわからなかった。

DSC03020_convert_20091222180804.jpg(大安寺)

DSC03034_convert_20091222181050.jpg(留守氏の墓所)

続いて、「水沢公園」へ・・・・
ここには後藤新平と斎藤實の銅像がある。
16年前にも、ここに来て銅像の写真を撮ったことは覚えているんだが・・・
銅像の周辺の景色は全く記憶にない。

この公園には、高野長英記念館がある。

DSC03081_convert_20091222181728.jpg

ここにも16年前に訪れた。
16年ぶりの再訪問・・・・
建物の外観は覚えているのだが、展示内容は全く記憶にない。
ここで高野長英に関する本を買ったことは覚えているのだが・・・・
1時間弱、じっくりと見学し、職員の方ともおしゃべり。
資料を特別に分けてもらったり・・・と、結構楽しめた。

続いて向かったのは、「高野長英旧宅」
ここには16年前には来ていない。
どうしてだろう?
たぶん、タクシーを使って主だった場所しか見て回らなかったのではないか?
あの頃は、博物館めぐりが好きだったから、博物館・資料館だけを見て回ったのかもしれない。
どうも当時の記憶があいまいである。
やっぱり徒歩で歩きまわらねば、史跡巡りは楽しめない。(笑)
旧宅は非公開となっている。
外観のみ、門のところから「のぞき見」である。
で・・・隣が「高野医院」という病院。
もしかして、高野長英の子孫の方なのだろうか?

DSC03119_convert_20091222182928.jpg

さらにテクテク歩いて、今度は後藤新平旧宅へ・・・・
ここは内部を公開している。

そのまま更にテクテク歩きながら周囲をキョロキョロしていたら・・・・
銅像が目の隅に入ってきた。
ん?誰?
近づいて見てみたら・・・
あら!椎名悦三郎さんの銅像!
う~ん・・・名前を聞いたことがあるぞ~
え~と・・・国会議員だよな・・・・
生誕地の石碑も建っていたので、どうやらここが生誕地らしい。

DSC03154_convert_20091222183931.jpg
(道路の左側の生け垣のところが椎名悦三郎生誕地)

銅像の写真を撮った後、さらに歩くと、左側に高野長英生誕地・・・・
小さな公園となっていて、石碑が建っているだけ。

さらに歩いて行くと、「斎藤實記念館」・・・・
ここには16年前に来ていることは確かなのだが、外観が全く記憶にない。
ましてや、庭に銅像なんて建っていたか?
館内を見学。
書庫に斎藤實が収集した貴重な本がたくさんあったのはよく覚えている。
この本・・・読みたいなぁ~って思ったんだから・・・・
これだけはよく覚えているのだが・・・・あとは、全く記憶にない。(笑)
職員の方と2・26事件の話などをする。

時刻はお昼を過ぎているが、周辺には食事ができそうな店がない。
市役所の方へ行ってみて、近くの喫茶店に入る。
何か食べるものは・・・と尋ねたら・・・・
何もないとのこと。
うそ・・・
サンドイッチぐらいはあるかと思ったら、パンを切らしているのでなにもないとのこと。
仕方がないので、コーヒーだけの昼食となる。(涙)

目の前の奥州市役所は、水沢城跡らしい。
が・・・全然お城跡に見えない。
「姥杉」という杉の大木が残っているだけ・・・・

DSC03227_convert_20091222192734.jpg

続いて向かったのは「水沢市公民館」・・・・
職員の方に内部を案内していただき、撮影の許可もいただく。
この公民館は、日本で最初に「公民館」という名称がつけられた建物。
読売新聞社社長の正力松太郎から水沢町に寄付されたものだという。
話によれば、正力松太郎が新聞社を興す時に後藤新平から資金援助を受けたので、その恩返しなのだという。
それで、入口に後藤新平と正力松太郎の銅像が建っていたのか・・・・
当時のままの建物。
歴史的ないわれもあり、古くて貴重な建物なのになぜか文化財には指定されていない。
今もって現役の公民館として使用されているが・・・・
この不景気・・・運営資金には苦労しているようである。
で・・・その打開策とか、文化財指定を受けた場合の損得の話などをしていたら・・・
「あのぉ~文化財保護関係の仕事をされているのですか?」と言われてしまった。(笑)
え?拙者が役人に見えます?(笑)
大いに話が盛り上がり、30分もお邪魔してしまった。

次に向かったのは、すぐ近くにある「後藤新平記念館」
この建物の外観は記憶に残っているが、内部は全く記憶にない。(笑)
展示品の一部しか覚えていない・・・・
日本の鉄道を広軌にしたほうがいいという案の線路の幅を示した図面。
それと、ボタンを押すと後藤新平の演説が聴けるというラジオか何か・・・・
あれから16年もたっているので、展示替えをされていて、当時のイメージと違う・・・・
40分ほど見学。

時刻は午後2時半過ぎ・・・・
駅まで歩いて行き、ここからタクシーで新幹線駅である「水沢江刺駅」に向かうことにする。
が・・・そのついでに、斎藤實の墓所に寄ってもらう。

DSC03328_convert_20091222194801.jpg(水沢江刺駅)

午後3時20分だというのに、日が落ち始め・・・・
駅前の後藤新平の銅像は逆光!
うわぁ~写真がうまく撮れねぇ~
日が短いこの季節は本当に困ったものだ。

駅構内でサンドイッチとコーヒーの遅い昼食をとり、次は仙台へ向かう。

DSC03330_convert_20091222200509.jpg
スポンサーサイト





旅行 | 10:00:37 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する